アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

ツライ脚のむくみの原因は?解消法は?予防法は?

   

ずっと立ち仕事で脚がむくむ…。

デスクワークでも脚がむくむ…。

脚のむくみって気持ち悪いし、むくみすぎると痛くなっちゃいますよね。
ふくらはぎ
そこで今回はむくみにお悩みのあなたへ!

脚のむくみの原因と解消法と予防法をご紹介します!

スポンサードリンク

ツライ脚のむくみの原因は?

そもそもなぜ脚がむくむのでしょうか?
まずは脚がむくむ仕組みをお話ししましょう。

【脚がむくむ仕組み】
人間の体は、心臓から血液が全身の細胞へ動脈という道を使って酸素や栄養分を届けるために送り出され、届けると同時に、細胞から排出された二酸化炭素や老廃物を回収して、静脈という道を使って心臓に血液を戻します。

この流れの中で、脚を流れ心臓に戻る血液は、重力に逆らって心臓に戻らなくてはいけません。そこで心臓に血液を戻すためのポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉なのです。

人間の下半身には全体量の約7割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことによって血液を心臓に戻します。
このことからふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。

つまり血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があります。

これがなんらかの理由で、うまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して脚がむくみます。

【脚がむくむ原因】
脚がむくむ原因には一時的なものと、慢性的なものがあります。

一時的な場合の原因は
①運動不足による筋力の低下

しばらく運動をしていなかったりすると、ふくらはぎの筋力が低下します。
すると心臓に血液を戻すポンプの力が弱くなり、血液をスムーズに心臓へ戻すことができなくなり、結果、脚がむくみます。

②長時間同じ姿勢が続いている
デスクワークでずっと座っていたり、立ち仕事で同じところにずっと立っていたりすると、ふくらはぎの筋肉が動かない状態が続きます。するとポンプ作用がなくなってしまうので、血液が重力に負けて脚に溜まってしまいむくみにつながります。

③塩分の取りすぎ
味の濃いものを食べ過ぎたり、塩分を摂り過ぎたりすると、むくみやすくなります。
塩分には水分を多く蓄える性質があるので塩分を摂りすぎると水分をうまく排出できなくなり、体の中に溜まりやすくなってむくみます。

④冷え
体が冷えると血流が悪くなり、血液がうまく流れないため、停滞し、むくみにつながります。

慢性的な場合の原因は
①心臓障害
②肝臓障害
③腎臓障害
④下肢静脈瘤

以上が原因でむくみが症状として出ることがあります。
もし一時的なむくみの原因に当てはまらなく、なおかつ長期間むくみが続くようでしたら一度病院を受診してみましょう。

ツライ脚のむくみの解消法は?

それではツライむくみを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

【ツライむくみの解消法】
①マッサージ

マッサージ
ふくらはぎをマッサージすることによって、結果ふくらはぎの筋肉を動かすことになり、停滞している血液を心臓に戻すことができます。マッサージ効果で筋肉もほぐれて血流もスムーズになるので、むくみを解消することができます。
やり方は足首(アキレス腱)のあたりから徐々にふくらはぎ、膝裏の方に向かって5分くらい揉むとスッキリします。
あまり強くグイグイ押しすぎると揉み返しになって筋肉痛のような痛みが出てしまうので少し痛きもちいなと思えるくらいの強さで揉みましょう。

スポンサードリンク

②ストレッチ
ストレッチ
アキレス腱を伸ばすイメージでふくらはぎをストレッチすることにより、血行が良くなりむくみが解消されます。

③お湯に浸けて温める
足湯
ふくらはぎをお風呂に使って温めたりすることにより血行が良くなりむくみが解消されます。
この時のポイントは、お湯が熱すぎると、表面ばかり熱くなり筋肉まで十分に温まりません。
ですので38度〜39度くらいのぬるま湯で15分以上かけてゆっくりと温めましょう。

④水分を摂り運動をする
水分補給
運動をしてふくらはぎの筋肉を使うことで血流が改善しむくみが解消されます。
この時のポイントはお水をたくさん飲むこと。水を飲みすぎるとむくむのでは?と思いがちですが、水分をしっかりとって運動で汗をしっかりかくことによって体の水分代謝が良くなり、血液の流れもよくなり結果むくみの解消になります。

脚のむくみの予防法は?

それでは普段からできることでむくまないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

【脚のむくみの予防法】
①筋トレをする

むくむ原因の一つに運動不足による筋力の低下があげられました。
ということは筋力を落とさないようにする必要があります。
ふくらはぎの筋トレはとっても簡単です。「つま先立ちをするだけ」たったこれだけです。つま先立ちをして戻す、つま先立ちをして戻す。これを特にむくみを感じたらやりましょう。慣れないうちは平坦な床で10回3セット、慣れてきたら段差を使って、つま先だけ段に乗せてつま先立ちして戻すを回数、セット数を増やして繰り返しましょう。

②塩分を控える
極端に控える必要はありませんが、塩分を控えることでむくみを予防します。
普段、味の濃いものを食べる習慣があるのでしたら気をつけてみましょう。

③足首を動かす
オフィスでも簡単にむくみを予防することができます。つま先を上げたり、かかとを上げたり、足首をぐるぐる回したりを数回することで、ふくらはぎの筋肉を動かすことになり、むくみを予防します。1時間に最低1回おこなえると理想です。

まとめ

一時的な脚のむくみの主な原因は運動不足、同じ姿勢、塩分過多、冷えです。これらを予防することでむくみを予防することができるので是非上記の方法を実践してみてください。あまりにも解消できない場合は病気の可能性もありますので病院の受診をおすすめします。

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

牡蠣で食中毒になる原因は?症状とその対処法は?予防法は?

牡蠣が美味しい季節になってきましたね。 最近ではオイスターバーなどが増えてきてお …

自律神経失調症の原因と症状は?改善方法は?効果のある食べ物は?

近年では「自律神経失調症」という名前を良く耳にするようなりました。 自律神経失調 …

インフルエンザa型とb型の違いは?感染を予防するには?治し方は?

インフルエンザが流行する季節がやってまいりました。 インフルエンザには型があるの …

血圧が高い それによる症状は?原因は?改善法は?

あなたは自分の血圧が高いことに悩んでいませんか? 今や高血圧は日本国内に3,00 …

溶連菌 子供の症状は?感染経路は?治療法は?

こどもに多い感染症の一つに『溶連菌感染症』があります。 自分自身のお子さんがいざ …

これで抜け毛の不安を解消!抜け毛に効果のある食べ物8選!

「最近抜け毛が増えたような…。将来ハゲたら嫌だな…。」 1日の抜け毛の標準本数は …

風邪の時はごはんを食べた方がいい?食べない方がいいものは?レシピ

風邪を引いた時って、ごはんを食べた方がいいのか、食べない方がいいのか実際はどうな …

りんごでダイエットって本当に効果あるの?方法は?レシピを紹介!

食欲の秋。ついつい食べ過ぎてお腹がポッコリ。ずっとこのままじゃいけないと思いつつ …

油断禁物!熱中症で高齢者に出る症状は?応急処置は?予防法は?

暑い時期が今年もやってきました。 そこで毎年話題に上がるのが「熱中症」。 近年で …

肩こりの原因はストレスから!?症状と病気・自分でできる改善方法は?

近年、肩こりの症状を訴える方が急増しています。 肩こりの原因は様々ですが、最近で …