アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

【新社会人必見!】入社式で恥をかかない為の服装マナー男女

      2017/01/09

暖かい季節になってきました。

4月といえば新入社員など新社会人の時期ですね。

学生から社会人になる激変の年になると思います。

わからないことや知らないこともたくさんあると思います。

そこで今回は、新社会人のための聞きたいけど聞きづらい入社式でのマナーをご紹介しますので

ここで恥ずかしい思いをしないようにしっかりおさらいしていきましょう!!

スポンサードリンク

入社式で恥をかかない為の服装のマナー

入社式はほとんどの方が初めてなはず。初めてだとわからないことも多くて当たり前です。

「出席するときは当然スーツ」というのはわかってる方多いと思いますが、細かく言うと
・どんなスーツがいいのか?
・就活のときのスーツと同じでいいのか?
・新調したほうがいいのか?
・どんな髪型がいいのか?

など意外と自信持って答えれることは少ないと思います。

迷わないように詳しく確認していきましょう。

 

入社式での服装のマナー 男性の場合

スーツについて


会社側から特定の指定がなければ就活の時に使用したスーツで参加しましょう。ちなみに内定式の先輩社員がどのようなスーツを着ているのか見ておきましょう。スーツは入社式が終わってから買うのがオススメです。

就活の時に派手な色をしたスーツは着ていないと思いますが、入社式の時同様になるべく落ち着いた色のスーツで行くのがいいでしょう。
スーツの色は黒または紺色、グレーで参加しましょう。
シャツは清潔感漂う白がいいですね。
ネクタイは単色な色で派手な色は避けましょう。

第一印象に全体的に『清潔感』があれば問題無しです。
スーツやシャツにシワがなく、シャツにはパリッとアイロンをかけて、靴はピカピカに磨いておきましょう。
就活が終わったからと言ってスーツをほったらかしにせず、きちんとお手入れをしておいてください。

髪型、髪色について


就活が終わり、内定式に出席すると、入社式まではしばらく日が空きますよね。そこで安心して羽目を外しすぎ、せっかく黒髪にして良い印象に仕上がっているのに黒髪からド派手な明るい茶髪に戻っている人もいます。新入社員として入社式に参加するのですから、その場にふさわしい髪型に戻しておきましょう。就活の時の髪型そのままが無難です。
真っ黒にしろとまでは言いませんが、黒や自然な茶色が無難で好印象です。

スポンサードリンク

 

入社式での服装のマナー 女性の場合


女性も男性と基本は同じなのですが所々ポイントが違ってくるので紹介しますね。

スーツについて


女性の場合も大切なのは『清潔感』。これは男性と同じです。なので会社側から特定の指示がなければ無難に就活した時と同じスーツで入社式に参加しましょう。

スーツの色も男性と同じく黒、紺、グレーのスーツがシャツは白色が無難です。
ただし時期的に春なのであまり暗い色にこだわる必要はありません。薄い明るいグレーやベージュなどでもOKです。スーツの形はパンツでもスカートでもどちらでも大丈夫です。
スカートの場合には黒などではなく肌色のストッキングを選びます。万が一伝線してしまったときのために、予備を持って行っておくと安心です。

アクセサリーを身につける時は、胸元のシンプルなネックレス程度にしておきましょう。

靴はシンプルで控えめなものが好ましいです。通常入社式後の研修などでもスーツを着る機会が続き、いろいろな部署や支所へのあいさつに回る場合もあります。ヒールはあまり高過ぎず、細すぎない歩きやすいものである方が望ましいでしょう。

使い回しがきくタイプの靴が一つあると、いざという時に使えるのでこの機会にいろんなものに合わせやすいのを買っておくのもいいかもしれません。

髪型、髪色について

入社式はいくらお祝いの式典とはいえ、結婚式のように髪を盛り盛りにしたり装飾を派手にするなど豪華なヘアアレンジを施す必要はありません。キラキラしたヘアピンや、キャラクター付きの髪ゴムなどは、使ってしまいがちなので気をつけたいところです。逆に浮いてしまいます。
基本は一つ結びにします。お辞儀をしたときに両側から髪の毛が顔にかからないようにきっちりと結わえるのがいいです。バレッタを使うときは、色味の落ち着いたものを選びます。スーツやかばんに合うように、コーディネートするといいでしょう

 

まとめ


服装も髪型、髪色もどれも基本は『清潔感』です。これをしっかり守っていれば問題ないはずです。
「格好がだらしないから、髪の色が明るいからって仕事ができないわけじゃないし、人間的に問題があるわけじゃない。人を見た目で判断しないでほしい。」という方もいるかと思います。確かにその通りだと思いますし人を見た目で判断するほうが間違ってるとも思います。しかしそれは一緒に仕事をして、一緒に時間を過ごして、ある程度その人がどういう人か理解しないと成り立ちません。なので第一印象はかなり重要です。

なのでバッチリ決めて良い思い出が残るような入社式にしましょう。

スポンサードリンク

 - 一般常識, 仕事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【自分の好きがわからない方必見!】自分の好きを見つける方法

日本の社会性により、現代社会では個性はあまり良しとされてません。 できるだけ個性 …

【安易に嘘で退職するのは危険?!】退職理由についていい嘘・悪い嘘

「早くこんな会社辞めたい!…でもなんて上司に言おう…いいや適当に嘘ついちゃえ!」 …

【長所がないと思っているあなた!】自分の本当の長所を知る方法

「自分の長所を仕事に生かしたい…」 せっかく仕事をするのだったら自分の得意とする …

【転職を失敗したくない方必見】転職を成功させる5つのステップ

人生の転機である『転職』 転職先によっては、この後の人生が良くなるか悪くなるか… …

【うちの会社ってブラック?】判断リストと対処法

「もしかしてうちの会社っておかしい?…でも他をみたことないからどうなんだろ…」 …

ボジョレー解禁日が盛り上がる理由は?種類の違いは?合う料理は?

ボジョレーは、フランス・パリの東南に位置するブルゴーニュ地方の南部、美食の町リヨ …

【仕事辞めたいけど辞められない方必見!】スパッと辞められる思考法

毎日毎日、我慢しながら嫌な仕事をこなす…。 「仕事辞めたい…。でもなかなか辞めら …

【仕事が楽しくない必見!】楽しく働く人の頭の中を徹底解剖

「仕事が楽しくなくて毎日がつらい…。」 楽しくない仕事を毎日するのって苦痛ですよ …

クリスマスにチキンをなぜ食べる?いつ食べる?オーブンレシピご紹介

もうすぐわくわくのクリスマスですね〜♪ クリスマスの代表的な食べ物といえば「チキ …

書き初めの由来は?いつする?何を書くのがいい?

お正月に行う代表的なイベントである「書き初め」。 私は昔小学校の頃、書道の時間が …