アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

バーベキュー初心者必見 持ち物は?やり方とマナーについて

   

夏といえばBBQ!

今年は自分がBBQを企画するぞ!

けどいつも誘われていくけど誰かが準備してくれてるから、いざ企画するといっても何を準備していいやら…。

やり方もわからないし、マナーとかあるのかな?

今回はそんなお悩みにお答えしまして

BBQで準備するもの・やり方・マナーをご紹介します!

スポンサードリンク

バーベキュー初心者へ 持ち物は?


バーベキュ

バーベキューに必須なもの
No,1 BBQコンロ
BBQといえば、BBQコンロがないと何もできません。
最近のものは焼き網も鉄板もだいたいついてきます。
ホームセンターなどで3〜4千円出せばそれなりのが購入できます。

No,2 木炭(備長炭)
木炭はBBQコンロで火を焚くのに使います。
木炭は長いこと火が持ち、なおかつ変な煙も出ませんのでバーベキューには必須です。

No,3 着火剤
木炭に直接火をつけるのは至難の技です。
慣れているなら可能なのですが、慣れていないうちは着火剤というすぐに火をつけることができる大変便利なものがありますので是非活用してください。

No,4 トング(木炭ばさみ)
火がついた木炭の位置を変えるのに必要です。

No,5 チャッカマン(ライター)
これは木炭や着火剤に火をつけるときに使用するのですが、火をつけれればなんでもOKです。マッチでもいいです。
ガスバーナーを持っている方はそれを使うと楽ですね。

No,6 うちわ
必須まではいかないのですが、木炭に早く火を回らせるために使用します。
うちわがあるのとないのとでは火の回るスピードが全然違ってきますので持っていくことをおすすめします。

No,7 軍手
炭を動かしたり、熱い鉄板やコンロを動かすときに大変便利です。
これはあると何かと色んなことに使えますので持って行くことをおすすめします。

No,8 食材
これを持っていくのを忘れる人はいないと思いますがバーベキューのメインはやはり食べ物です!
お肉やお野菜、焼きそば、飲み物など好きなものを持っていきましょう。

ある程度調理して持って行く人もいますし、現地で調理する人もいます。現地で調理する場合は包丁とまな板も必要ですね。

意外と忘れがちなのが、焼肉のタレなどの調味料です。せっかくの美味しいお肉もそのままだとちょっと物足りないですよね。
気をつけてください。

No,9 割り箸、紙コップ、紙皿など
100円ショップのもので十分です。毎回洗って使えるプラスチックのお皿やコップ、Myはし、なんかだとゴミも増えず環境に優しいのでいいですね。

No,10 ゴミ袋
ゴミを放置していくわけにはいきません。ゴミ袋も忘れずに持っていき、自分たちが出したゴミはキチンとまとめて持って帰りましょう。

No,11 テーブル、イス、レジャーシート
バーベキュー場に備え付けのものがあればそちらを利用すればいいのですが、河原や砂浜でのバーベキューには必須になります。何もないところなら必ず持っていきましょう。

以上がバーベキューに必要なものです。これ以外にもあると便利なものはたくさんありますので、慣れないうちは、これはあった方がいいかもと思ったらとりあえず持っていきましょう。持って行く煩わしさよりも現地で物がない方が悲惨です。

バーベキューのやり方は?

前日にやること
①車への積み込み(荷造り)
バーベキューはほとんどの方が車で行くのではないでしょうか?

当日準備をすると忘れものなどが出やすいので、当日よりも前日の夜にでも必要なものを全てまとめておいて、可能であれば車に積み込んでしまいましょう。

②食材の下ごしらえ
前日からお肉をタレに漬け込んだり、お肉や野菜をカットしておくだけでも当日の負担がかなり減ります。
タレはお酒やその他調味料に漬け込むと、安いお肉でも柔らかくて美味しい焼き上がりになりますのでおすすめです。

スポンサードリンク

当日バーベキューをする流れ
①コンロを設置
まずはコンロを組み立てて設置します。この時注意が必要なのが、コンロを安定した場所に置くということです。
バーベキュー場は舗装されてないところがほとんどなので地面がでこぼこで安定しにくいです。不安定なところにコンロを置くと調理中にコンロが倒れたりといった大変危険なことにもなりかねないので、コンロを触ってもグラグラしないところに設置しましょう。

②コンロに着火剤を入れる
着火剤には固形のものと液体のタイプがあります。
固形のものの場合は炭を入れる前に着火剤を入れて、その上に木炭を入れましょう。
液体のものは隅に塗りつけましょう。

③着火剤に火をつける
先ほど設置した着火剤に火をつけましょう。
この時、着火剤から木炭に火が移ったのが確認で来たら、うちわで軽く仰いで全体に満遍なく火をまわしましょう。
木炭の量も最初は少なめから、火が回ってから少しずつ炭を追加していきましょう。

④食材を乗せて焼く、食べる
木炭の表面の色が白く変色してきたら食材を乗せてもいい合図です。
まずは金網をセットして金網が熱せられたら食材を乗せていきます。

炭で焼く場合のポイントは直接食材を炎に当てないことです。当ててしまうと表面ばかり焦げて、なおかつ中まで火が通ってないという残念な状況に陥りますので、注意しましょう。

炭の位置も調節して火加減を調節しましょう。炭の多いところはもちろん高温になりますし、炭の少ないところは低温になりますので、真ん中に炭を集中しておいて、ある程度焼けたら端っこに置いておくなどして調節しましょう。

ある程度網で焼いたら、最後に鉄板に変えて焼きそばなんかを楽しむのもいいですね。

⑤後片付け
準備して食べるのは楽しいけど、後片付けはみんなめんどくさいものです。
しかしバーベキューのもっとも大切な事は後片付け!
せっかく気持ちのいい自然の中でご飯を食べるのですから、きちんと後片付けもして、他の人も気持ちよく使えるようにして帰りましょう。

ゴミは持ち帰る
バーベキューは自分で出したゴミは自分で持ち帰るのが大原則です。
ゴミ集積所があるバーベキュー場もありますので、その場合はきちんと分別してから捨てましょう。

炭の処理
バーベキュー場には炭を捨てる場所がありますのでそちらを活用しましょう。
しかし河原などで炭を捨てる場所がない場合もあります。その場合は火が完全に消えたことを確認してから、ビニール袋などにまとめて持ち帰りましょう。

元の状態に戻す
自分で持ってきたものもそうですが、バーベキュー場や河原など、できるだけ元来た状態に戻してから帰りましょう。
次の人が気持ちよく使えるようにしましょうね。

※一部のアウトドア雑誌などで「使用した炭は土に埋めて帰りましょう」などと間違った知識を広めているものもあります。燃えた後の炭は土の中に埋めても微生物などに分解されにくく、その辺に空き缶やペットボトルをすてているのと同様の行為になります。ですので必ず炭は持ち帰りましょう。

バーベキューをする上でのマナーについて

バーベキューはマナーが大切です。いくら楽しいからといって、他人に迷惑をかけては絶対にいけません。
現在では、河原や砂浜でバーベキュー禁止をしているところは少なくありません。なぜ禁止にするところが多いかというと、使用者のマナーが悪く、周りに迷惑がかかっているからです。日本バーベキュー協会というところがこんなものを作っています。

日本バーベキュー協会 スマートバーベキューの為のバーベ九則↓

バーベキュー マナー

みんながみんな楽しめるように、環境に配慮し、周辺の住民の皆様に迷惑がかからないように徹底してマナーを守りながらバーベキューを楽しみましょう!

まとめ

バーベキューの大切なことは準備もそうですが、何よりマナーを守ることです。
自分たちが楽しむことだけ考えずに、後片付けなどをしっかりして、みんながバーベキューを楽しめるように、マナーを徹底してバーベキューを楽しみましょう!

スポンサードリンク

 - レジャー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

男子禁制!女子旅関東おすすめ7選!

最近はしゃいでいますか? 仕事や勉強で疲れやストレスは溜まっていませんか? 女友 …

ディズニーハロウィンの仮装について|楽しみ方は?混雑具合は?

今年もハロウィンの時期がやってまいりました! ディズニーといえばハロウィン!1年 …

関東でぶどう狩り おすすめ農園10選!

暑い夏もピークを越えて、お盆が過ぎるとやってくるのがぶどうのシーズンですよね。 …

関東の潮干狩りおすすめスポット7選!

潮干狩りの季節がやってまいりました! 潮干狩りのシーズンは4〜5月と言われていま …

秋といえばぶどう狩り 関西でおすすめの農園7選!

夏が終わって、秋がやってくると美味しくなってくるのがぶどう! スーパーで売ってい …

富士登山初心者必見 服装は?必要な装備は?ルートをご紹介

富士登山のシーズンが近づいてきました! 富士山は山梨県、静岡県に跨る標高3776 …

浅草三社祭の見所は?混雑具合は?おすすめの遊び所は?

東京を代表するお祭りの一つである三社祭の時期がやってきました。 3日間を通して行 …

北海道大雪山の紅葉の見頃は?おすすめスポットは?雪は降ってる?

暑い夏が終わり、涼しくなって秋に突入!紅葉の季節がやってまいりました! 紅葉とい …

箱根紅葉おすすめスポットは?混雑を避けるには?絶品ランチをご紹介!

ついに紅葉シーズン突入! 箱根といえば温泉が有名ですが実は紅葉もとっても有名なの …

キャンプ初心者必見の絶対に必要な持ち物リスト!

キャンプの季節がやってきました! キャンプに行ったことがある人は多いと思いますが …