アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

眠れない日々に別れを!つらい不眠症の原因とその対策法は?

   

毎日毎日、寝たいのに眠れない。

寝つきが悪く、眠りも浅い。

疲れが取れない…。

眠れない日々が続くと、肉体的にも疲れますが、精神的にも参ってしまいますよね。

不眠症2

そこで今回は毎日眠れなくて悩んでいるあなたの悩みを解決いたします!

スポンサードリンク

不眠症の原因は?

不眠症をはじめとする多くの睡眠障害はそれぞれ原因が異なります。似たような症状の場合でも、原因が異なれば治療法、対策法はがらりと変わってきます。ですのでまずは、自分の不眠の原因がどこにあるのかを知ることが治療、対策のカギになってきます。

不眠症の原因は大きく分けて5つあります。

①身体的原因
今、自分の体に起きている病気やケガが原因で眠れなくなることがあります。

②心理的原因
なんらかのストレス(友人、家族、同僚、仕事など)が原因で不眠になることもあります。

③薬理学的原因
服用している薬や、日常的にの飲んでいるアルコールや、コーヒーのカフェイン、タバコのニコチンなどが原因で不眠の症状が現れることがあります。

④生理学的原因
仕事などの都合による昼夜逆転の生活や、海外旅行などによる時差ボケ、育ってきたライフスタイルと大きく変わってしまうと不眠などの症状が出ることがあります。

⑤精神医学的原因
精神や神経の病気になってしまった時に、不眠の症状が伴うことがとても多いです。
中でも不安や抑うつは不眠になりやすい病気です。
憂鬱な気分が続く、今まで楽しかったことをしても楽しくない。もしかしたらそれはうつ病の可能性があるかもしれません。
慢性不眠症の患者さんの約半数はなんらかの精神疾患をもっていると言われています。長期間気分が晴れない、気分が落ちているなどがあるならば注意が必要です。

不眠症の対策法は?

前章でもお話ししました通り不眠症は原因により、治療、対策法が異なります。
ですので自分の不眠の原因がどこにあるのかを探し当てるのがカギとなります。

①身体的原因が不眠の原因な場合
身体的原因が原因の場合は、病気や症状、ケガが治ることによって改善されます。

②心理的原因
この場合は、眠れなくなった時の前後、または今までの積み重ねでも、対人関係、仕事の不安、将来への不安、
などどこかにストレスの元凶があるはずです。元凶を見極める、または元凶を改善することによって不眠症が
緩和、もしくは改善されることがあります。

スポンサードリンク

③薬理学的原因
この場合は、服用している薬や普段アルコールやコーヒーを飲む習慣がないかを確認することが大切です。服用している薬の副作用という場合もありますし、アルコール、コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるので、人によっては少量を摂取しただけでも眠れなくなることがありますので注意が必要です。

④生理学的原因
ライフスタイルを戻せると改善の近道になるのですが、仕事などでどうしても難しい場合は、少しでも眠りにつきやすい住環境を整えましょう。心と体をリラックスさせることが改善へのカギとなります。

⑤精神医学的原因
精神医学的原因の場合は、自分で改善することはなかなか難しいので、専門の医師に相談して適切な治療を受けましょう。

どの原因に対しても言える事
すべての原因に対して言えることは不眠の時は、交感神経という興奮している時に働く神経が活発になっているということです。体を活発に動かす時は交感神経が活発になっていてもいいのですが、睡眠時などの体を休ませたい時には交感神経とは逆の働きをする副交感神経を活発にする必要があります。

どれも、気持ちがリラックスできるような状態に持っていくことがとても大切になります。

副交感神経を活発にするには…
①生活リズムを整える

交感神経、副交感神経の切り替えを調節するためには、毎晩なるべく同じ時間に寝て、毎朝同じ時間に起きることが重要です。そして朝は起きたら、太陽の光を浴びるようにします。なるべくこのリズムを整えましょう。

②軽い運動を毎日行う
激しい運動をしてしまうと交感神経が活発になってしまうので逆効果ですが、ストレッチやウォーキングなどをして軽い疲れを体に与えると、リラックスしやすい状態に体を持っていくことができます。

③夜は体を温める
夜はお風呂にお風呂に入って体を温めましょう。しかしお風呂の温度が熱すぎると交感神経が活発になって、眠りの妨げになってしまうので、ぬるま湯で時間をかけてじっくり体を温めるのが、眠気を誘ってくれます。

④寝る前にパソコンやテレビ、スマホを見ない
パソコンやテレビ、スマホの画面からはブルーライトという光が放たれています。この光は睡眠を浅くしたり、眠れなくしたりするので寝る前はやめましょう。

⑤就寝間際に飲食をしない
胃腸の働きが活発になると副交感神経は優位に働くのですが、体が胃腸を動かすためにエネルギーを使うのでその分眠りが浅くなります。ですのでなるべく就寝3時間前は飲食をやめましょう。

まとめ

不眠症は原因によって治療、対策法が異なります。ですのでそれに応じた対策法が必要になります。
すべての原因のものに言えることは、交感神経を抑えて副交感神経を活発にすると眠りにつきやすくなるということです。自分の生活習慣や生活環境、またはストレスの元凶を見極めていち早く不眠を改善しましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

血圧が高い それによる症状は?原因は?改善法は?

あなたは自分の血圧が高いことに悩んでいませんか? 今や高血圧は日本国内に3,00 …

肩こりの原因はストレスから!?症状と病気・自分でできる改善方法は?

近年、肩こりの症状を訴える方が急増しています。 肩こりの原因は様々ですが、最近で …

腰痛に効く湿布の選び方は?おすすめの市販薬は?貼る位置は?

腰が痛くて仕方がない。けど病院へ行く時間はないし…。 かといって薬局で湿布を買う …

喉の痛みや腫れの原因は?その治し方と予防法をご紹介!

喉の痛みや腫れってすごく不快で気になりますよね。 食べ物を食べる時も、飲み物を飲 …

【働きすぎのあなたは注意!】うつ病とは?仕組みと予防法を公開

「働きすぎて毎日気持ちが重い…これってうつ病??」 近年、個人が抱える労働量の多 …

禁酒を簡単に達成する方法は?メリットデメリットは?ストレス発散法

いつの時代も人を魅了するお酒。 あなたは飲みすぎていませんか?お酒を飲みすぎるこ …

食中毒 腸炎ビブリオに感染した時の症状と治療法と予防法を紹介

気持ちのいい過ごしやすい季節が終わってしまいました泣。 これからジメジメ〜っとし …

ドライアイチェック!改善するのに良い目薬・サプリは?

パソコンやスマホなどの電子機器にあふれているこの世の中。 近年では「ドライアイ」 …

寝汗が大量に出るのは病気?原因・対策は?

突然かく寝汗。 特に暑いわけでもないのに…。 寝汗をかくたびに着替えたり、シーツ …

アトピーが大人で発症する原因は?対策は?食事療法は?

アトピー性皮膚炎て痒くてしんどいですよね。 最近は大人になってからアトピーになる …