アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

【職場いじめに困っていませんか?】あなたの世界が変わる解決法

   

「毎日毎日職場に行くと嫌がらせられて…もう嫌…」

職場のいじめは本当にきついです。よく「いじめられる側も悪い」といいますが、そんなことはありません。どんな理由があろうと、いじめる側が悪です。私はそう思います。今回は、そんな職場のいじめに悩んでいるあなたへ、あなたの世界を変える解決法をご紹介します。

スポンサードリンク

職場いじめから解放!あなたの世界を変える解決法


あなたは職場の誰からいじめを受けてますか?
上司?同僚?それとも全員?

どんないじめを受けていますか?
暴力?言葉?地味な嫌がらせ?

状況により解決法は異なりますので、あなたが置かれている状況に合わせて試してみてください。

1.身体的・精神的暴力を受けている場合


もしあなたが、職場の人間から殴る蹴るなどの身体的な暴力・または言葉の暴力による精神的圧を受けてる場合は、その証拠を残しましょう。

ICレコーダー、スマホ、携帯などで動画や音声を記録します。現場を証拠として確保してしまえばこちらのもの。相手を訴えることができます。法律事務所もしくは、労働基準監督署に届け出ましょう。

2.同僚からいじめられている場合


上司や立場が上の人、またはいじめている同僚と全く関係のない人事部の人間に相談しましょう。

スポンサードリンク

場合によっては、異動させてくれる、もしくは相手を異動させることができます。

3.上司からいじめられている場合


同僚やその他の上司、またはさらに上司の上の人間に相談しまくりましょう。

いじめをする上司の特徴として、おそらくいじめられているのはあなただけではなく他にも複数人いる場合があります。結託して、上司をこらしめましょう。

4.職場全体からいじめられている場合


職場全体からいじめらている場合は、転職をおすすめします。

転職活動の際に、ハローワークを利用する場合、理由を「会社ぐるみのいじめがひどかったから」とはっきり伝えましょう。そうすることにより、あなたをいじめていた会社の社会的評判は下がり最終的に会社が後々苦労することでしょう。

職場いじめで苦労されているあなたへ


できそうなものはありましたか?

大人のいじめは子供のいじめとは異なります。
子供の時は、「子供がやったことだから」と許されますが(中には許されないのもありますが)大人になってのいじめは絶対に許されません。

いじめた側にはそれなりの責任を取らせるべきです。

当たり前ですが、会社はその会社だけではありません。
そこに固執しなくていいのでしたら、さっさと辞めて他に移ってしまいましょう。

いじめのない会社なんてたくさんありますよ。
あなたがいじめのない環境で心起きなく仕事ができる未来がくることを応援しています!

スポンサードリンク

 - 仕事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【仕事が辛い、涙が出るあなたへ】心を楽にする5つの方法

「仕事に行きたくない…。」 「もうこんな仕事いやだ…。」 ストレスを自分の中に押 …

転職時にブラック企業に引っかからない為の見分け方を公開

近年、過労自殺や、うつ病患者などの増加で『ブラック企業』というワードが広く認知わ …

【プログラマーに興味ある方必見!】転職未経験で目指したらどうなる?

近年は、IT技術がものすごい勢いで発展しています。 どの業種でも、少しはITと関 …

【ブラック企業の辞め方公開】会社をスパッと辞める方法は?

近年、ブラック企業という言葉が目立ちすぎて当たり前になっています。 「仕事がきつ …

【自分の好きがわからない方必見!】自分の好きを見つける方法

日本の社会性により、現代社会では個性はあまり良しとされてません。 できるだけ個性 …

【仕事を辞めたい!】辞める前に準備しておく事

嫌な仕事をしていると「仕事を辞めたい!」と思う事ありますよね。 スポンサードリン …

【転職を成功させたい方必見】仕事をしながら転職活動を両立する方法

転職を成功させたい! だからこそ 「活動に集中したいから仕事を辞めてから活動をし …

【仕事で失敗ばかりなあなたへ】できる人間になって周りを見返す方法

上司やら先輩やら同僚やらに「あいつ使えない」って言われて悔しい! スポンサードリ …

【退職したいけど言い出せない人必見】上司にうまく退職を伝える方法

「会社を辞めたいけど、なかなか上司に言い出せない…」 そんなとこってありますよね …

【人生成功の原点!】人生豊かにする成功者に共通する思考法とは!?

人生の成功…。 誰しもがこの言葉にぐらっときたことはあるのではないでしょうか?「 …