アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

【もう仕事限界!という方へ】仕事を突然辞める前に考えるべき事

   

「もう仕事限界!明日から行きたくない…ばっくれようかな…」

毎日毎日同じ事を繰り返し、我慢して出勤するとこんな思いの一つや二つはでてきますよね。私も前職時代は週6勤務、12時間労働が当たり前。時給換算するとバイトの方が…

何回もばっくれようと思ってました。

でもちょっと待ってください!

勢いで辞めるとあなたにリスクがのしかかってきます。
突然辞める前に冷静に考えるべきことをご紹介します。

スポンサードリンク

突然辞めるリスク しっかりチェックして考えるべき事


正社員とバイトがばっくれるでは話が違います。
バイトが突然こなくなるというのは良くありますし、そこまで思いリスクはありません。

ですが正社員となると話は別です。
それなりにリスクがあるのでまずはリスクを確認しましょう。

①懲戒解雇処分

無断欠勤が続く場合、本人と連絡がとれるのであれば退職届けを提出するようにとの指示があると思うので、指示通りにすれば辞めることができます。ですが連絡が本人と取れない場合に、無断欠勤が続くと就業規則に記載されている一定期間を過ぎると”懲戒解雇”処分となります。

“懲戒解雇”とは会社から従業員に対して行われる一番重い処分です。

スポンサードリンク

ですので立場上は従業員側が不利になり、ばっくれたことによる会社が受けた損害等を請求される
こともあります。

②転職に不利になる

ばっくれて会社を辞めて、いざ次に転職しようとしてもなかなか転職先が決まらないと思います。

企業からすると、無断欠勤する恐れがある人間を雇うのはリスクであって雇いたくないと思うのは不安で当然ですよね?次のステップに進みづらくなるというリスクも頭に入れておきましょう。

③将来の行動に縛りがでる可能性も

突然辞めると会社との関係が気まずくなる事は言うまでもありません。

例えば、

「将来○○の仕事をしたいから資格をとろう」

とした時に、よく資格取得の条件として「○年以上の勤務」という条件があったりします。

前職にてこの条件を満たしていた場合には、前職の会社から証明書を発行してもらう等もあります。そこで関係がこじれているとその証明書をもらえない可能性も出でくるわけです。

そうなると後悔に繋がりますよね?

突然辞めるのにはこういったリスクがあるというのも考えておきましょう。

会社をばっくれようと思っているあなたへ


会社をばっくれて辞めてしまったらどんなに楽か…。
今にでも投げ出したいですよね。

でもそこまで追い込まれた会社だからこそ一度冷静に考えて行動しましょう。辞めてからもその会社に振り回されてしまっては元も子もありません。

あなたの人生の為、将来の為にもきちんと退職届けをされる事をおすすめします。

スポンサードリンク

 - 仕事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【転職の面接で落とされやすい返答公開】面接で失敗しない為に

「面接何言おうかな…どうやったらクリアできるんだろ」 面接って対策はできるけど、 …

【転職を成功させたい方必見】仕事をしながら転職活動を両立する方法

転職を成功させたい! だからこそ 「活動に集中したいから仕事を辞めてから活動をし …

【会社を辞める時のマナーを解説】円満に会社を辞めたいあなたへ

今の職場を辞めて次のステージへという方や、結婚するから退職する等退社する理由は人 …

【長所がないと思っているあなた!】自分の本当の長所を知る方法

「自分の長所を仕事に生かしたい…」 せっかく仕事をするのだったら自分の得意とする …

転職時にブラック企業に引っかからない為の見分け方を公開

近年、過労自殺や、うつ病患者などの増加で『ブラック企業』というワードが広く認知わ …

【仕事が楽しくない必見!】楽しく働く人の頭の中を徹底解剖

「仕事が楽しくなくて毎日がつらい…。」 楽しくない仕事を毎日するのって苦痛ですよ …

【転職を失敗したくない方必見】転職を成功させる5つのステップ

人生の転機である『転職』 転職先によっては、この後の人生が良くなるか悪くなるか… …

【働きすぎのあなたは注意!】うつ病とは?仕組みと予防法を公開

「働きすぎて毎日気持ちが重い…これってうつ病??」 近年、個人が抱える労働量の多 …

【人生成功の原点!】人生豊かにする成功者に共通する思考法とは!?

人生の成功…。 誰しもがこの言葉にぐらっときたことはあるのではないでしょうか?「 …

【プログラマーに興味ある方必見!】転職未経験で目指したらどうなる?

近年は、IT技術がものすごい勢いで発展しています。 どの業種でも、少しはITと関 …