アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

【うちの会社ってブラック?】判断リストと対処法

   

「もしかしてうちの会社っておかしい?…でも他をみたことないからどうなんだろ…」

現在日本には約170万社の企業が存在していると言われています。

どの会社もそれぞれ個性がありいいところもあれば悪いところも存在します。そんな中、初めての会社だと、その会社の基準が当たり前になってしまいブラックということに気づかないことも多々。

それではあなたの大切な人生がもったいない!

今回はあなたの会社が異常かどうか判断できるチェック項目をご紹介します。

こっそりチェックしてみてください。

スポンサードリンク

あなたの会社は正常?それとも異常?チェックリスト

1.労働時間について


◻︎1日の労働時間が8時間を超え、残業手当がでない
◻︎日々の拘束時間が異常に長い(例:実働7時間、休憩4時間等)
◻︎休憩時間も働かされる
◻︎先輩や上司が帰るまで帰れない雰囲気がある
◻︎有給が使えない
◻︎一部の人間、部署だけが忙しい
◻︎会社に泊まるのが当たり前な空気がある

2.仕事内容や人間関係について


◻︎パワハラ・セクハラが横行している
◻︎社内いじめがある
◻︎しょちゅう部署を異動させられる
◻︎提案しても聞いてもらえない
◻︎研修なしで営業にいかされる

3.労働条件について


◻︎求人内容と実際の条件が違う
◻︎社会保険がない
◻︎福利厚生がまったくない
◻︎労働契約した覚えがない
◻︎賃金が異常に安い
◻︎一人に与えられる役職が多い

スポンサードリンク

これら以外にも要素はたくさんあります。
この中で3つ当てはまればブラックと判断してもいいでしょう。

自分が働いてる会社がブラックだった時の対処法

1.転職する


これが一番当たり障りない方法です。
あなたがブラック企業に費やしている時間がもったいないです。

その会社で働いていて得るものがあるのでしたら残ってもいいと思いますが、
これといってない場合は、やめてしまいましょう。

2.労働基準監督署に届け出る


もし残りたくて、なおかつ環境を正したいのでしたら、労働基準監督署
などに届けでましょう。

労働基準監督署に届け出ることによって、会社宛に指導が入ります。
そうなると会社側は状況を正さざるを得なくなるので重い腰を起こしてくれるはずです。

あなたの会社がブラックかお悩みのあなたへ


いかがでした?
上記のものにあてはまらなくても、あなたがブラックなのかどうなのか
悩んでいる時点でブラックの可能性が高いです。

周りの友達に相談して、友達の会社はどうなのかを確認してみるのもいいでしょう。

あくまで私の意見ですが、人生において”知らない”ということが一番怖いです。知らないで損をするなんて悔しいと思います。

どんどん情報を入れて、得する人生に変えていきましょう^ ^

スポンサードリンク

 - 仕事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【会社で出世できる3つの方法を大公開!】これであなたも出世確定!

世の中には、出世できる人とできない人がいます。 スポンサードリンク なぜ出世でき …

【仕事を辞めたい!】辞める前に準備しておく事

嫌な仕事をしていると「仕事を辞めたい!」と思う事ありますよね。 スポンサードリン …

【転職を失敗したくない方必見】転職を成功させる5つのステップ

人生の転機である『転職』 転職先によっては、この後の人生が良くなるか悪くなるか… …

【仕事がつまらない方必見】解決法は?

人生の大半の割合を占める仕事。 毎日毎日同じことの繰り返しで正直いってつまらない …

【もう仕事限界!という方へ】仕事を突然辞める前に考えるべき事

「もう仕事限界!明日から行きたくない…ばっくれようかな…」 毎日毎日同じ事を繰り …

【働きすぎのあなたは注意!】うつ病とは?仕組みと予防法を公開

「働きすぎて毎日気持ちが重い…これってうつ病??」 近年、個人が抱える労働量の多 …

【仕事ができないと思う方必見】仕事がバリバリできるようになる方法

「仕事ができなくていつも怒られる…どうして自分はこうなんだろう」 仕事ができない …

【異業種へ転職を考えている方必見】転職を成功させるための覚悟

転職の中でも『異業種』への転職は同じ転職とは思えないほど違いがあります。 一般的 …

【パワハラ根絶!】上司にされるパワハラの種類と対処法をご紹介!

職場の人間関係。悩まされることが本当に多いですよね。 無茶な指示や理不尽に怒られ …

【プログラマーに興味ある方必見!】転職未経験で目指したらどうなる?

近年は、IT技術がものすごい勢いで発展しています。 どの業種でも、少しはITと関 …