アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

しみそばかすの違いと原因は?消し方は?良い化粧品ランキング!

   

年齢を重ねて、しみやそばかすが目立ってきた…。昔はこんなことなかったのに…。

しみやそばかすが一つできるだけでも見た目年齢はぐっと上がります。

ほんの一部分ですがものすごく気になりますよね。

そこで今回は、しみ・そばかすの消し方、良い化粧品ランキングをご紹介しましょう!

スポンサードリンク

しみそばかすの違いと原因は?

あなたはしみとそばかすの違いをご存知でしょうか?

【しみの原因】
fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s
しみにはいくつかの種類があります。

・加齢が原因でできるしみ
・紫外線などのダメージが肌に蓄積されてできるしみ
・ニキビなどの炎症が起こった後にできるしみ

ちなみに肝斑(かんぱん)などもしみの一種です。

どの種類も生まれつなどではなく、いままでの生活要因からくる後天的なものによります。

【そばかすの原因】
そばかすとしみの違うところは後天的ではなく、ほとんどが先天的なもの、つまり遺伝によるものがほとんどです。
そばかすの正式名称は『雀卵斑(じゃくらんはん)』といいます。しみと比較すると斑点が小さく顔の頬や鼻の周囲などに出ることがほとんどです。顔以外にでることもあります。
そばかすは加齢により薄くなることもあります。また紫外線にあたると濃くなる性質を持ってます。

というわけでしみとそばかすの違いは、

・後天性か先天性か
・斑点の大きさ

です。

このように多少の違いはあるのですが原因は2つとも同じで『メラニン』という物質が原因です。

『メラニン』は聞いたことあるのではないでしょうか?日焼け止めクリームのCMなんかで言っているアレです。

細かく言うとメラニンは黒褐色の色素を作る細胞のことを指します。その色素がしみ・そばかすの原因になります。

世間的に「メラニン=悪いやつ」というイメージがあるかもしれませんが、実はこのメラニンは悪い細胞なのかというとそうではありません。

メラニンの本来の役割は、ただ肌を黒褐色にするのではなく、紫外線の刺激から肌を守るために、太陽の光を吸収する働きを持っています。
逆にメラニンが少なすぎると紫外線が肌の奥まで入り込み、コラーゲンやヒアルロン酸などからできる大切な細胞が破壊されてしまい肌荒れの原因につながります。
それを防ぐために体の防御反応としてメラニンの量が増えて紫外線から肌を守るのです。日焼けをして肌が小麦色に焼けるのはこの反応のためです。

肌は通常28日周期で入れかわります。なので夏に日焼けしたら冬には白くなる、というのは肌の細胞が入れ替わることにより起こります。
この現象をターンオーバーというのですが、このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみそばかすの消し方は?

上記でもお話ししましたが、しみ・そばかすはターンオーバーがうまくいかなかったことでできるものです。
ということは肌のターンオーバーを促進したり、肌の活性酸素(=老化の原因)を除去すれば消すことができるというわけです。

では具体的には何をすればいいのでしょうか?

【ビタミン類の摂取】
肌のターンオーバーを正常化するにはビタミン類を摂取することが良いとされています。

①ビタミンE
老化の原因でもある活性酸素を除去したり、肌細胞の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進する作用があります。

②ビタミンC
黒く肌に定着してしまったメラニンを無色に変える働きがあります。

③βカロテン
活性酸素を除去します。

たくさん摂取したほうが早く消えるのか?というとそうではありません。摂取するのはあくまでも適量にしましょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンといってビタミンCなどの水溶性ビタミンと違い体外に排出されません。なので摂りすぎはまた新たな不調を生み出してしまうので適量を摂取しましょう。またビタミンCなどの水溶性ビタミンは一定量以上は体が吸収してくれなく、余分な分はすべておしっこと一緒に排出されてしまうので多くとっても意味がありません。ですのでどちらにせよ適量を守るのがベストです。

スポンサードリンク

これらを食品から摂るのが一番いいのですが、実際時間がない方は難しいか思います。ですのでそういう場合はサプリメントで摂っても構いません。

しみそばかすに良い化粧品ランキング!

ランキングをご紹介する前に、しみ・そばかすに良い化粧品の選び方をご紹介しましょう。

【しみ・そばかすに良い化粧品の選び方】
まず、しみ・そばかすに良い化粧品を選ぶ際には二つのタイプに大きく分けることができます。

①これから、しみ・そばかすができると嫌なので予防したい!
②既に、しみ・そばかすができているのでこれらを目立たなくしたい!

この二つでは使う成分が異なってきます。

まずは①の場合
まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが

・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸 
・リノール酸
・ルシノール

などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

次は②の場合
既にできてしまったしみを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選びます。

・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド

などです。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。
目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。

しかしあくまでも医薬部外品です。

効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。

それでは実際にどんな化粧品が選ばれているのでしょうか?

【しみ・そばかすに良い化粧品ランキングBest3!】
stylook-uneven-skin-treatment-cream1
No1.saeru
「saeru」は敏感肌の女性のための美白ケア化粧品です。
敏感肌女性に聞き込み調査を行った結果約71%もの女性が「美白の効果を感じていない」との回答があり、それを元に敏感肌は美白効果が通常よりも薄いのでは?というところにポイントをおき開発された化粧品です。コウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキスなど天然成分を主に作られており、非常に肌に優しく美白をケアしてくれます。

No2.アスタリフトホワイト
あのカメラでおなじみの「富士フイルム」が出している化粧品です。
美白化粧品の壁でもある「成分を肌の奥まで届けること」、「届けた成分をしっか働かせること」、「紫外線をしっかり防ぐこと」を独自のナノテクノロジーで解決した美白化粧品です。

No3.アンプルール
しみ・そばかすに最高と言われている美白成分である、新安定型ハイドロキノンを配合した美白化粧品です。メラニンを生成するチロシナーゼ酵素の活性を抑える効果は、一般の美白成分の約100倍と言われておりしみ・そばかすの予防はもちろん、すでにできてしまったしみ・そばかすにも効果を発揮します。ドクターが開発した化粧品です。

まとめ

しみ・そばかすの主な違いは後天的か先天的かですがその原因は同じメラニンです。
ですので対策も同じ方法になります。しっかり改善・予防して自信のある肌を取り戻しましょう!

スポンサードリンク

 - 健康, 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

目の疲れを解消 自宅でできる簡単な方法8選!

近年のパソコンやスマホの爆発的な普及により目疲れに悩んでいる人も爆発的に増えまし …

アトピーが大人になってから発症する原因は?治し方は?食事療法は?

辛いアトピー。痒くて寝れない、見た目も悪い。 子供の頃は大丈夫だったのに、大人に …

咳が止まらない原因は?考えられる病気は?治し方は?

咳が止まらなくて困っていませんか? ・咳が止まらなくて勉強や仕事に集中できない …

紫外線アレルギーの原因は?症状は?自分でできる対策は?

紫外線を気にしなければいけない時期がやってきました。 紫外線が一番強く降り注ぐ時 …

呂律が回らないのは病気?ストレスのせい?治す方法は?

呂律(ろれつ)が回らない…。自分でははっきりしゃべってるつもりなのにうまくできな …

みかんは美容に効果あり!?ダイエットも?長持ちさせる保存方法は?

寒い季節になると美味しくなるのがみかんですよね。 何気なく美味しい甘い言いながら …

気になる脇の臭いの原因!その解消法や予防法は?

汗をかく季節がやってきましたね。 この季節になると特に気になるのが「脇の臭い」。 …

喉の痛みや腫れの原因は?その治し方と予防法をご紹介!

喉の痛みや腫れってすごく不快で気になりますよね。 食べ物を食べる時も、飲み物を飲 …

アトピーが大人で発症する原因は?対策は?食事療法は?

アトピー性皮膚炎て痒くてしんどいですよね。 最近は大人になってからアトピーになる …

油断禁物!熱中症で高齢者に出る症状は?応急処置は?予防法は?

暑い時期が今年もやってきました。 そこで毎年話題に上がるのが「熱中症」。 近年で …