アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

赤ちゃんの紫外線対策 いつから?ベビーカーのときは?おすすめは?

      2017/01/28

今年も暑い季節がやってまいりました。

こうも暑いと紫外線が気になりますよね。一昔前は骨が丈夫になるということから勧められていた「赤ちゃんの日光浴」

しかし今では紫外線が強くなっているということもあり赤ちゃんも大人もUVケアをしなければいけない環境になりました。けれども赤ちゃんは敏感で繊細。下手なことをすると逆効果になることも。そこで今回は赤ちゃんの紫外線対策法をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策はいつからはじめてもいいの?


特に決まっているわけではありませんが、生後1ヶ月をすぎると赤ちゃんとのお出かけをする機会も増えてくると思います。その時には紫外線対策を行ったほうがいいです。

ここで悩むのが日焼け止めクリームなのですが、大人用の日焼け止めクリームを塗ってしまうと赤ちゃんのお肌には負担がかかりすぎてしまうため子供でも使用できるSPF10〜20程度のものを使用しましょう。PAは+1つの物が特に負担が少なくおすすめです。腕や足など肌が露出している部分には日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

日焼け止めの中には、「紫外線吸収剤」を含むものがあります。化学原料が強い刺激となる場合もあるため避けた方が無難でしょう。

乳児の肌は敏感で繊細なので、使用前にパッチテストをしてアレルギーを調べておくと安心です。なるべく厚く塗りたいところですが、乳児の場合は返って逆効果になる可能性があるため、2時間を目安に塗り直しましょう。

赤ちゃんの紫外線対策 ベビーカーに乗っているときは?


ベビーカーには幌(ホロ)が付いているから…。

スポンサードリンク

紫外線はホロだけではカバーできません。地面や壁に反射してほぼ360度どこからでも飛んできます。
なのでベビーカーでお散歩するポイントとしては
・ホロを下ろす
・つばの広い帽子をかぶせる
・日焼け止めクリームを塗る
・日差しが強い時間の外出は避ける(10時〜14時くらいまで)

以上に気を配ってベビーカーでのお散歩をしましょう。

赤ちゃんの紫外線対策 おすすめは?


一応、刺激の少ない赤ちゃん用の日焼け止めクリームというのも存在します。
大人用と違いクレンジングオイルでなく石鹸で落とせるものがほとんどなので特別お肌が弱くない限りはこういうのも手軽でおすすめです。

しかしどうしても日焼けどめを塗りたくないという方は、赤ちゃんに

・ホロ付きベビーカー
・帽子
・タオルケット
・白のUVカットの長袖長ズボン

などをしようして紫外線対策しましょう。

最後に…

赤ちゃんへの紫外線対策は生後1ヶ月くらいから可能です。
日焼け止めクリームを使用するときはなるべく低刺激のもの(SPF10〜20程度、PAは+1つ)を使用しましょう。
どうしても日焼け止めを使用したくない場合は赤ちゃんにタオルケットや帽子などをかぶせて直接日光が当たらないようにしましょう。
以上を気をつけて赤ちゃんと一緒に楽しくお出かけしましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

血圧が低いのは問題アリ?原因は?改善法は?

あなたは血圧が低いことで悩んでいませんか? 低血圧は高血圧に比べて問題視されにく …

目の疲れを解消 自宅でできる簡単な方法8選!

近年のパソコンやスマホの爆発的な普及により目疲れに悩んでいる人も爆発的に増えまし …

多汗症の原因症状 臭いの対策法は?改善する食事法とは?

汗をかく季節になってきました。 この時期になってくると気になるのが汗の臭い。 特 …

くさい!足の臭いの消し方は?原因は?靴の臭い対策法は?

くさい!足の臭いの消し方は? くさい足の臭い。 自分も不快だし、周りにも臭ってい …

呂律が回らないのは病気?ストレスのせい?治す方法は?

呂律(ろれつ)が回らない…。自分でははっきりしゃべってるつもりなのにうまくできな …

ツライ女性の抜け毛の原因は?改善法は?シャンプーのおすすめは?

まだそんな歳じゃないのに髪の毛が抜ける、薄くなっていく…。 これがきっかけで彼氏 …

ツライ脚のむくみの原因は?解消法は?予防法は?

ずっと立ち仕事で脚がむくむ…。 デスクワークでも脚がむくむ…。 スポンサードリン …

食中毒 カンピロバクターの症状と治療法と予防法をご紹介

過ごしやすい春の季節も終わりジメジメとした梅雨の季節がやってまいりました。 この …

風邪の時のタバコがまずい理由は?体への影響は?やめる方法は?

風邪が流行る季節になりました。 風邪を引くと味覚が変わることってありません? ス …

溶連菌 子供の症状は?感染経路は?治療法は?

こどもに多い感染症の一つに『溶連菌感染症』があります。 自分自身のお子さんがいざ …