アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

手のあかぎれの原因は?治し方は?絆創膏でおすすめは?

   

寒さが厳しい季節になってきました。冬場はお肌のトラブルも多い季節ですね。

その中でも特に気になるのが手のあかぎれ。

地味に痛くて気になりますよね。

あかぎれはなぜできるのでしょうか?原因とその治し方とおすすめの絆創膏をご紹介します。

スポンサードリンク

手のあかぎれの原因は?

手のあかぎれは冬場に多く現れます。
その原因は主に、空気の乾燥と気温の低下です。周囲の環境の変化によってあかぎれができやすい状態になります。

【原因① 気温の低下、乾燥】
冬以外の季節では、ある程度の湿度と気温のおかげで多少汗もかき、なおかつ皮脂もそれなりに分泌され、それらが混ざり合って皮脂膜というお肌を守ってくれるバリアみたいなものが作られます。
ですが、冬場の乾燥した環境では、汗や皮脂が出にくくなり皮脂膜が作られなくなり、肌に柔軟性がなくなったり、外の刺激が直接肌に届いてしまいます。

【原因② 血行不良】
気温が低下すると体の血行が悪くなります。するとお肌への栄養も行き渡りにくくなり、お肌は元気を失い、傷や亀裂が出来ても修復できなくなってしまいます。そのせいで冬場は、他の季節よりも特にあかぎれが多くなります。

【原因③ 普段の生活】
これは冬場だからというものではないのですが、普段の生活によってもあかぎれができることがあります。
例えば、主婦や飲食店で働かれている方は水仕事が多く、それが原因で手の油分が失われ乾燥し、あかぎれができます。
その他にも、マッサージ師なども手荒れが多い職業です。マッサージをする際に、手がタオルに擦れるのでそれで油分がなくなり乾燥しあかぎれの原因となります。

【原因④ 手の性質】
もともと手は、他の部位に比べると皮脂の分泌が少なく、その代わりに角質層が分厚くなってバリア機能を補っています。
この角質層が分厚くなると肌の再生に時間がかかってしまうため、一度あかぎれが起きてしまうと治りにくいという性質があります。

手のあかぎれの治し方は?

ではこれらのあかぎれを治すにはどうしたらいいのでしょうか?

【あかぎれの治し方・対策】
①保湿
cream003
あかぎれの主な原因にあったように、手を乾燥させないためにも、ハンドクリームなどでしっかり保湿する必要があります。
水仕事をしたら、しっかりと手の水気を拭き取りハンドクリームをその都度塗り込みましょう。

②防寒
131009-0009_1
外出する際には、手袋をするなどして手の血行が悪くならないようにしましょう。
冷えると治りが遅くなるばかりか、どんどん増えていきます。

スポンサードリンク

③就寝時に手袋
20090612194959ee0
ハンドクリームをしっかり塗りこみ、手袋をして寝ると治りが早くなります。
本来は通気性の良い綿の手袋が良いのですが、かなりあかぎれがひどいという場合は手術などに使われる医療用の手袋もおすすめです。ただしこれは新たに手湿疹ができてしまう可能性もありますので、できるだけとっておきという感じにしておきましょう。

【注意)ステロイドは使用しない方が…】
病院を受診するとステロイドを処方されます。
確かにステロイドは治りが非常によく、短期間で治すことができるのですが、体への負担が大きく、なおかつ薬を塗った部分の皮膚が薄くなりますので再発しやすくなってしまいます。保湿でも十分に治すことができますのでなるべくそちらをおすすめします。

あかぎれに使う絆創膏でおすすめは?

あかぎれはそのままにしておいてもなかなか治りません。傷口からバイ菌が入ってしまうこともあるので絆創膏などで保護しておく必要があります。でも通常の絆創膏ってすぐ剥がれちゃうし、水仕事をしたらグニュグニュになってしまし余計に不衛生ですよね! 僕が今までで使った絆創膏で1番良かったものをご紹介します。

【アルゴフィットFT 防水タイプ20枚入り】
51ziBNpqnlL._SY355_
このアルゴフィットは一般的な絆創膏とは違いフィルムが0.03mmという驚異の薄さです。通常だと剥がれやすい指先などの繊細なラインにしっかりフィットし、見た目にも目立たない絆創膏です。液体絆創膏のようにしみることがなく、サカムケやあかぎれの保護に最適です。この絆創膏はお医者さんにすすめられて使用してみたのですが、使い心地がよくあかぎれもすぐに治りました。本当におすすめです。

まとめ

いかがでした?あかぎれの主な原因は冬の乾燥と寒さです。一度なってしまうと癖になってなかなか治らないのでしっかりと予防してならないように気をつけましょう!なっても放って置かずにしっかりと対策して早めに治すことに努めましょう。

スポンサードリンク

 - How to, 健康, 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

梅雨急増のダニに刺されてなる病気は?布団では300倍に!対策は?

毎日ジメジメ、ムシムシのいや〜な梅雨のシーズンがやってきました。 人間にとっては …

肩こりの原因はストレスから!?症状と病気・自分でできる改善方法は?

近年、肩こりの症状を訴える方が急増しています。 肩こりの原因は様々ですが、最近で …

これで抜け毛の不安を解消!抜け毛に効果のある食べ物8選!

「最近抜け毛が増えたような…。将来ハゲたら嫌だな…。」 1日の抜け毛の標準本数は …

眠れない日々に別れを!つらい不眠症の原因とその対策法は?

毎日毎日、寝たいのに眠れない。 寝つきが悪く、眠りも浅い。 疲れが取れない…。 …

【さらば花粉症!】目の痒み 鼻水 家の中に持ち込まない対策法

春らしい暖かい季節になってきましたね。 こんなに気持ちいいお天気の日はお出かけ! …

体臭が臭い原因は?改善法は?食べ物で治すには?

きつい体臭…。 周りの目が気になりますよね。 体臭がきついと嫌われてしまうかもと …

インフルエンザ予防接種は本当に効果ある?副作用は?した方がいい?

寒くなると毎年やってくるのがインフルエンザ。 何かと大事なことが多い時期ですから …

目立つ顔のしわ ほうれい線の原因 改善 予防法をご紹介

近年、世の中の美容意識がどんどん高まっていますね。 年齢を重ねてもできるだけ少し …

喪中はがきはいつ出す?書き方のマナーは?例文は?

親族に不幸があった場合に年賀状の代わりに出すのが「喪中はがき」です。 普段経験す …

膀胱炎の原因 女性の場合は?症状と治し方・予防になる食べ物を紹介

つらい膀胱炎。 膀胱炎は男性よりも女性に多いのが特徴で2人に1人が経験すると言わ …