アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

牡蠣で食中毒になる原因は?症状とその対処法は?予防法は?

   

牡蠣が美味しい季節になってきましたね。
images
最近ではオイスターバーなどが増えてきており、牡蠣が手軽に食べれるよになってきました。

しかしその反面気をつけなければいけないのが食中毒。冬場に牡蠣を食べるとよくあたるって聞きますよね。

あたったらどうしよう…。でも食べたい…。今回はそんなあなたに牡蠣による食中毒の原因と症状と対処法と予防法をご紹介します!

スポンサードリンク

牡蠣で食中毒になる原因は?

images-1
牡蠣を食べて食中毒になる原因は、食べた牡蠣自体にウイルスが蓄積されているからです。
ではどんなウイルスが牡蠣の中に溜まっているのでしょうか?

【牡蠣の中のウイルスは?】
牡蠣の中に蓄積されているウイルスは「ノロウイルス」というウイルスです。
牡蠣だけでなく牡蠣をはじめとする2枚貝のなかで蓄積されます。
こノロウイルスは非常に小さなウイルスですが、このウイルスが体内10〜100個ほど入ってしまうと感染するという、ものすごく感染力の強いウイルスです。

ですので大量にウイルスが蓄積された牡蠣を食べると食中毒にかかります。

しかし、世の中では牡蠣=ノロウイルスみいたいなイメージが定着しているのですが、実は「しじみ」がノロウイルスが一番多く検出されているのでその辺も注意が必要ですね。

ノロウイルス以外にも、貝毒や腸炎ビブリオ、大腸菌などで食中毒を起こす場合もあります。

牡蠣の食中毒の症状とその対処法は?

それでは牡蠣を食べて食中毒になるとどんな症状が出るのでしょうか?

【食中毒の症状】
主な症状は以下です。

・激しい吐き気、嘔吐
・腹痛、下痢(水のような便)
・発熱(約38度程度)

症状が悪化したり、ひどい場合には血便や、ショック症状での意識障害を起こす場合もあります。
ウイルスや細菌によっても多少変わりますが、大体1〜2日以内。どんなに遅くても3日以内にはこれらの症状が出てきます。

ではこのような症状が出た場合はどうやって対処すればいいのでしょうか?

【食中毒の対処法】
①下痢止めや吐き気止めは飲まない

食中毒にかかった際、多くの場合下痢の症状が出ます。ですので下痢=下痢止め!と思う方も多いのではないでしょうか?
しかしこれは逆効果で、下痢止めを飲むことにより、ウイルスを体に止めてしまい治りが悪くなり長引きます。
ですので、下痢止めを飲まずに、便からすべてウイルスを出し切ってしまいましょう。
この際、脱水症状に陥る可能性が高くなるので、こまめに水分を補給しましょう。あまりにもひどい場合は病院にて点滴を打つ必要があります。

軽度であればゆっくり休めば1〜2日ほどで症状が軽快します。その間水分は取りますが、食事はしません。
それでも治らない、もしくは症状で発熱なども伴う場合は、命に関わる場合もあるので早期に病院を受診しましょう。
特に小児や高齢者は注意が必要です。

②二次感染を防ぐ
食中毒でとても重要なのは、二次感染を防ぐことです。
ノロウイルスはウイルスの中でも特に感染力が強く、すぐに周囲に広がります。
その感染力は、ノロウイルスにかかった人が吐瀉して、それを拭いて処理し、何も知らない人がそのすぐ近くを歩いただけで、感染します。ですのできちんとした処理をすることがとても重要になってきます。

二次感染を防ぐために吐瀉物や便の処理の方法をご紹介しましょう。
まず準備するものがあります。

・使い捨てマスク
・使い捨て手袋
・使い捨てエプロン
・ペーパータオル
・塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)
・ビニール袋

スポンサードリンク

やり方
1.まず窓を開けて換気をします。
2.処理をするにあたって使い捨てのマスク、エプロン、手袋を着用します。
3.ウイルスが飛び散らないようにキッチンペーパーで吐瀉物を静かに覆います。
4.そしてその上に消毒剤をふりかけます。
5.ウイルスを撒き散らさないように外側から内側に向かって吐瀉物を静かに拭き取りビニール袋に入れ、さらにその上から消毒剤をふりかけます。
6.ビニール袋を固く縛って、それを別のビニール袋に入れ二重にし、固く縛り、ゴミ箱に捨てます。
7.もう一度、床や便座に消毒液を吹きかけ、10分ほどおき水拭きします。
8.全てが終わったら、使用したマスク、エプロン、手袋はビニール袋に入れて固く結び捨てます。
9.最後に手洗いをしっかり行いましょう。

そして大変ではありますが、感染者本人が触れたドアノブやスイッチなどからも感染する恐れがあります。全てを管理して掃除するということは不可能です。ですので食事前はしっかりと確実に手洗いをしましょう。

牡蠣の食中毒の予防法は?

牡蠣による食中毒をご紹介しますと少し食べづらくなってしまいますね苦笑
しかし予防をしっかりすれば感染することはないので大丈夫です。

【牡蠣による食中毒の予防法は?】
①生食用だからといって安心しない

oyster017
スーパーなどに売っている牡蠣は生食用と加熱用があると思います。
生食用だからといって絶対に食中毒にかからないという保証はありません。特別な滅菌処理もしていませんし、表面を洗ったところでウイルスは牡蠣の内臓に蓄積されているので意味がありません。ですのでなるべくこの季節は生で食べないようにしましょう。

②しっかりと加熱をする
中まで火がしっかりと通るように加熱すればウイルスは死滅します。具体的に説明しますと、中心温度が85度以上で5分間加熱するとほとんどウイルスが死滅しリスクが激減すると言われています。
※少し前までは中心温度85度以上で1分以上と言われていたのですが、この場合リスクは減るのですが感染する場合があります。

③体調が悪いときは食べない
体調が悪いときは免疫力も落ちています。となると体が感染しやす状態にあるので体調がいい時に比べると感染率がぐっと上がります。ですので食べるときは体調がいい時にしましょう。

④使用した調理器具はしっかりと洗浄する
Unknown-1
調理に使用した器具は漂白剤などでしっかりと洗浄しましょう。
洗浄がしっかりしていないと包丁やまな板などにウイルスが付着したままになりますので、次回調理したときにそこでまた感染してしまうことがありますので使用後はしっかりと洗浄しましょう。

⑤手洗い
images-2
上記でもお話ししましたが、感染者が触れたものにはウイルスが付着しています。それを調理者が触り、そのままの手で調理し、食べるときにウイルスが口の中に入り感染します。ですのでそれらを予防するには手洗いが有効です。
ですので食事の前はしっかりと手洗いを徹底しましょう。

まとめ

いかがでした?冬の季節の牡蠣は美味しいですが食中毒のリスクも増えますので注意が必要です。予防法をしっかり徹底するだけで感染のリスクはググッと減り、安心して牡蠣を食べることができますので是非お試しください!

スポンサードリンク

 - How to, 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手湿疹の水泡は他人にうつる?治し方は?予防法は?

かゆくてつらい手湿疹。 手先に細かい水泡ができるので見た目もあまりよくありません …

咳が止まらない原因は?考えられる病気は?治し方は?

咳が止まらなくて困っていませんか? ・咳が止まらなくて勉強や仕事に集中できない …

急性胃腸炎の原因と症状は?感染経路は?感染の予防法は?

突然襲ってくる激しい腹痛、水みたいな下痢、吐き気。 今、急性胃腸炎が流行っていま …

さつまいもにはダイエットの効果あり!?食べ方は?レシピをご紹介!

食欲の秋到来! この季節はほんとに食べ物が美味しくてつい食べ過ぎて困っちゃいます …

多汗症の原因症状 臭いの対策法は?改善する食事法とは?

汗をかく季節になってきました。 この時期になってくると気になるのが汗の臭い。 特 …

手のあかぎれの原因は?治し方は?絆創膏でおすすめは?

寒さが厳しい季節になってきました。冬場はお肌のトラブルも多い季節ですね。 その中 …

【働きすぎのあなたは注意!】うつ病とは?仕組みと予防法を公開

「働きすぎて毎日気持ちが重い…これってうつ病??」 近年、個人が抱える労働量の多 …

痛い!口内炎が治らない その原因は?病気の可能性は?治し方は?

痛い気になる口内炎。 ご飯を食べるにしても喋るにしても何をしても気になりますよね …

ホームパーティーの手土産の相場は?おすすめは?ルールについて

あなたは友人や知人のホームパーティーに行ったことありますか? 日本でもそれなりに …

肩こりの原因はストレスから!?症状と病気・自分でできる改善方法は?

近年、肩こりの症状を訴える方が急増しています。 肩こりの原因は様々ですが、最近で …