アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

インフルエンザ予防接種は本当に効果ある?副作用は?した方がいい?

   

寒くなると毎年やってくるのがインフルエンザ。

何かと大事なことが多い時期ですからなるべくかかりたくはないですよね。

けど最近ではインフルエンザの予防接種は実はしないほうがいい?みたいな噂も出てきました。

結局予防接種はやったほうがいいのでしょうか?
悩む

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は本当に効果ある?

上記でもお話ししました通り、近年ではインフルエンザの予防接種は実は効果がないのでは?ということが言われ始めてきました。実際はどうなのでしょうか?
予防接種

【予防接種の効果】
「インフルエンザの予防接種」と言ってしまうと、どうしてもインフルエンザにかからないようにするために打つものというイメージが頭の中に浮かんでしまいます。しかし、実際はインフルエンザの予防接種には感染を予防する効果はありません。しかし、厚生労働省研究班の報告によれば、インフルエンザの発症と重症化を抑える効果はあると言われています。
ですのでウイルスが粘膜に付着して感染すること自体は防ぐことはできないが、症状が出たり、出てもそこまで悪くなることはないということです。

年齢によってもリスクの確率に差があります。

0〜15歳に1回接種させた場合は、68%の確率で発症のリスクを抑えられ、2回接種させた場合は85%に上がる。

16歳〜64歳の場合では、1回接種で55%、2回接種で82%。

65歳以上の高齢者では、34〜54%に抑えられなおかつ82%の確率で死亡のリスクを減らすことができます。

それなりに効果はあるように見えますが、どの年代も100%抑えることはできません。その他のワクチンがある病気は1度かかったり、必要回数予防接種をすれば100%発症を抑えることができます。

ですので効果がないという訳ではないのですが、絶対の効果があるとも言えないのがインフルエンザの予防接種なのです。

インフルエンザの予防接種の副作用は?

インフルエンザの予防接種が発症のリスクを抑えてくれるということはわかりました。
ではインフルエンザの予防接種には副作用はあるのでしょうか?

【イフルエンザワクチンによる副作用】
①局所的な場合

予防接種を受けた人の約10%〜20%はワクチンを打ったところ、もしくはその周辺が赤くなったり、腫れたり、痛くなったり、硬くなったり、熱をもったりなどの症状が局所的に起こります。これらは比較的軽度で、特に特別な処置をしなくても2〜3日で消失する場合がほとんどです。

スポンサードリンク

②全身に出る場合
予防接種を受けた人の約5〜10%の人は、発熱や悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、めまい、リンパ節の腫れ、急な意識消失などの症状が起こる事もありますが、これらも数日でなくなります。

③危険な場合
・アナフィラキシーショック
非常に強いアレルギー反応です。これにより血圧が急激に低下したり、アレルギー反応によるのどの腫れが気道をふさいで呼吸ができなくなったと、短時間で命に関わる危険な状態に陥ることもあります。

・ぜんそく発作
ぜんそくの発作が起こる事もあり、それによって呼吸困難などの症状が現れることがあります。

・黄疸
ワクチンを体内に入れたことにより、肝臓が正常に機能しなくなり、肝機能障害に陥ることがあります。これを放置することにより、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどに悪化し、全身の皮膚や白目の部分などが黄色味を帯びる(全身に黄疸ができる)などの症状が現れます。

・ギランバレー症候群
アレルギー疾患の一つで急性多発性神経炎とも言われています。
足が重い、痺れるなどの初期症状が現れて、数日経つと手足が動かなくなります。悪化すると、呼吸筋や脳神経、顔面神経などが麻痺するなどの症状も現れます。

軽度のものから。命に関わるものまであるので、受ける前にきちんと調べる必要があります。

インフルエンザの予防接種はした方がいい?

インフルエンザの予防接種で発症のリスクを軽減されることがわかりました。さらに軽いものから重篤なものなど様々な副作用が出る可能性があることもわかりました。では結局予防接種は受けた方がいいのでしょうか?それともしないほうがいいのでしょうか?

【予防接種はした方がいい?】
ウイルス学を修め、国立医療保健医療科学院の疫学感染室長も務めた経歴をもつ母里啓子(もり ひろこ)さんは「インフルエンザワクチンは打たないで!」という本を出すくらいきっぱり言い切っています。効果が少ない割(効果がない)には、リスクが大きく、体に負担が大きいものなのでそれを総合すると打たないほうがいいということです。しかし、実際のところは正解は未だに発見されていません。

もし「かかってもいいけど、少しでも楽に終わるなら!」という方は打ったほうがいいと思います。
逆に「絶対にかかりたくない!」という方は、打たないほうがいいでしょう。

予防接種を受けるよりも、流行している時期は、

①人混みに行かない。
②粘膜にウイルスが付着しないようにこまめにうがいをする。
③手洗いを徹底する。
④生活習慣を整え、免疫力を高める。

などのほうが効果があるでしょう。

ちなみに今までの私の経験ですが、私は予防接種を受けたことないですが1度もインフルエンザにかかったことはありません。
そして毎年予防接種をしている友人は毎年インフルエンザにかかっています。
正解がない以上自分で判断するしか今のところはありませんね。

まとめ

インフルエンザの予防接種は発症や悪化のリスクを軽減させる効果があります。しかし副作用もあります。
受けた方がいいのかどうかの正解はありませんので、自分の目的に合わせて自分自身で判断しましょう。

スポンサードリンク

 - How to, 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

効果絶大!夏風邪を治す7つの食べものとは?

毎日暑い日が続いていますね。 この季節はウイルスによる感染症、いわゆる「夏風邪」 …

唇が荒れる原因は?治し方は?予防法は?

唇が荒れるのは辛いですよね。 常にピリピリして気になり、食べ物や飲も物をとるとき …

ご飯を冷凍保存するときの正しい方法は?保存期間は?解凍方法は?

ご飯があまってしまったらあなたはどうしますか? 多くの方が「冷凍する」と答えるの …

喪中はがきはいつ出す?書き方のマナーは?例文は?

親族に不幸があった場合に年賀状の代わりに出すのが「喪中はがき」です。 普段経験す …

慢性的な腰の痛みの原因は?そこから足のしびれが!?解消法は?

つらい腰痛。 立っていても寝ても腰が痛い…。 何をしてても気になり、落ち着きませ …

食中毒 カンピロバクターの症状と治療法と予防法をご紹介

過ごしやすい春の季節も終わりジメジメとした梅雨の季節がやってまいりました。 この …

ツライ女性の抜け毛の原因は?改善法は?シャンプーのおすすめは?

まだそんな歳じゃないのに髪の毛が抜ける、薄くなっていく…。 これがきっかけで彼氏 …

クリスマスプレゼントで子供に人気のものは?予算は?渡し方は?

もうすぐクリスマス! スポンサードリンク ちびっこ達がサンタさんに何をお願いしよ …

お正月の玄関飾りはいつまで飾るの?処分方法は?門松の由来は?

あけましておめでとうございます。 今年もまた新たな1年が始まりましたね! スポン …

お歳暮の時期はいつまで?ビジネスマナーは?添える手紙の文例は?

今年もだんだん暮れに近づいてまいりました。 この季節に気になるのがお歳暮。 「今 …