アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

クリスマスカードを送る時期は?マナーは?喪中の時の文例は?

   

もうすぐクリスマスですね!

日本でもクリスマスカードを送るという文化がじわじわと浸透しつつあります。
クリスマスカード
しかしまだそこまで浸透していないので情報が少ないですよね?

変な風に送ってマナー違反だったら嫌だし…。

そこで今回はクリスマスカードを送る時期とマナーともし喪中だった場合の文例をご紹介します!

スポンサードリンク

クリスマスカードを送る時期は?

日本の年賀状が1月1日に配達されるように、クリスマスカードにも送る適正な時期というものがあります。
ではクリスマスカードはいつ出せばいいのでしょうか?

【クリスマスカードを送る時期】
クリスマスカードはクリスマスの前までに相手に届くのがベストです。
ですのでそのくらいを狙って発送する必要があります。同じ国内でしたらそこまで発送する時期に悩むことはないと思いますが、海外に送る場合は、送り先の国や地域によって届く日数が違いますので、郵便局などでしっかりと確認し、余裕を持って送ることをおすすめします。

アメリカではThanksgiving Dayという収穫感謝祭があるのですが毎年11月の第4木曜日に行われ、それが終わった後にクリスマスカードを発送していきます。ですので11月末〜12月上旬くらいに準備をするといいかもしれませんね。

【早すぎたら失礼?】
そんなことはありません。アメリカではクリスマスカードが届いたら、暖炉の上に並べたり、壁に貼ったり、ツリーに引っ掛けたりなどクリスマスの飾り付けの一部にして楽しみます。ですので早く送ったから嫌がられるということはありません。

クリスマスカードのマナーは?

クリスマスカードにもマナーがあります。

【マナー1.必ず手書きの一言を添える】
日本で売られているクリスマスカードのほとんどが、売られている時点ですでにメッセージが印刷されていますよね。
このすでに印刷されているメッセージだけでは味気ないというか、すこし寂しい感じがしますので、ぜひ手書きのメッセージを一言でもいいので添えるようにしましょう。印刷されたものだけだと、気持ちがこもっておらず事務的な印象を与えてしまう可能性があります。

【マナー2.カードのデザインやメッセージに注意する】
クリスマスは、もともとキリストの生誕を祝う宗教的なイベントです。日本人は何も気にせず使ったりイベントを行ったりしていますが、海外では、キリスト教徒でもない人に「Merry Christmas」と書いてあるカードを送ったりメッセージを送ったりするのは大変失礼とされています。言葉以外にもカードにサンタの絵や十字架、ツリーなどクリスマスを連想させるものが書いてあると失礼にあたる場合がありますので、イラスト付きのカードを選ぶのでしたら、雪だるまの絵だったり、雪の絵だったり季節感のあるものを送ると良いでしょう。

スポンサードリンク

【他の宗教の人に送るには?】
上記でもお話ししましたようにキリスト教同士または宗教を気にしない同士でしたら「Merry Christmas」でもOKですが他の宗教の方へはそうはいきません。

ですので「Merry Christmas」の代わりに「Season’s Greetings」を使いましょう。

これはどんな宗教の人に対しても使える挨拶で、日本語に訳すとしたら、

「季節のご挨拶を申し上げます」みたいな感じです。

相手がどんな宗教かわからないときはこの言葉を使うのが無難でしょう。
ちなみに最近ではいろんな国にいろんな人種の方が住んでいることもあり宗教を気にしてか、少し前まではクリスマスカードと呼ばれていましたが、最近では「グリーティングカード(greeting card)」と呼ばれるようになってきました。
グリーティングカード

自分が何気なくやったことが相手にとっては不快なことだったり失礼なことだったりする時がありますので注意が必要ですね。

クリスマスカードの喪中の時の文例は?

クリスマスカードを送ろうと思ったけど相手が喪中だった、または自分が喪中だったということがあります。
ですが喪中だからといってクリスマスカードを送ってはダメというルールはありません。ですが喪中と知っていながら派手な感じでお祝いをアピールしすぎるのはさすがに失礼ですし、相手も不快に思われること間違い無しですので内容に注意しましょう。

【喪中の方へクリスマスカードを送るときの注意点】
自分が喪中だった場合はちょっと控えめのデザインのカードを選んで送るのがよいでしょう。
海外の人へは問題ないのですが、日本国内の喪中の方へ送る場合は「メリークリスマス」などの言葉は避け、他にも「去る」、「死ぬ」、「再び」、「重ね重ね」、「たびたび」などの「死」や「別れ」またそれらが繰り返されるようなものを連想させる言葉を避けて控えめな感じで送りましょう。

【喪中の方へ送るクリスマスカードの文例】

例)
年賀欠礼のはがき届きました。

昨年は深い悲しみがありましたが、その後、家族さまにはおかわりなく
お過ごしでしょうか。ご案じ申し上げております。
どうかお元気を出されて暖かな春を迎えられますことを、お祈り申し上げます。

内容は故人とそのご家族の方々にお悔やみの気持ちを持って書くことが大切です。
ですが、年配の方は風習を重んじている方もいらっしゃるのでクリスマスカードではなく、寒中見舞いとして送るといいかもしれませんね。

まとめ

クリスマスカードはクリスマス前に相手に届くのがベストです。いろいろとマナーもありますので、相手に失礼にならないようにしっかりとチェックして送りましょう。

スポンサードリンク

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

きのこデトックスのやり方は?効果の高いものは?レシピを紹介!

最近便秘が続いてお腹が張る…。 この悩みを抱えている方は多いのでは? デトックス …