アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

腰痛に効く湿布の選び方は?おすすめの市販薬は?貼る位置は?

   

腰が痛くて仕方がない。けど病院へ行く時間はないし…。
腰痛
かといって薬局で湿布を買うにしてもいろいろ種類がありすぎてどれがいいのかわかりませんよね?

今回は腰痛に効く市販薬の湿布の選び方とおすすめの湿布、腰痛の時に貼る位置をご紹介します!

スポンサードリンク

腰痛に効く湿布の選び方は?

まず単に腰痛といっても種類があります。大きく分けて2つに分けることができます。

【腰痛の種類】
①急性腰痛
②慢性腰痛

①の急性腰痛とはいわゆる「ぎっくり腰」のことです。ざっくり言うと立ち上がり、起き上がり時、かがんだとき、ひねったときなどにズキっとするどい痛みが走るものを急性腰痛と言います。腰部に炎症が起きている可能性があるので、患部を触ると熱感があったり、赤みがかっていたりします。

②の慢性腰痛とは長期間続いている重い鈍いつっぱるような感覚の腰痛のことです。デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢で長時間いる方に多い症状です。悪化すると足に痺れが出たりと神経痛を伴うことがあります。

この2種類の腰痛によって湿布の選び方が多少変わってきます。

次に湿布薬の種類です。

【湿布薬の種類】
湿布薬もざっくり分けると2種類あります。

①痛みを抑えてくれる成分が入っている湿布薬
②痛みそのものをブロックしてしまう湿布薬

①の痛みを抑えてくれる成分が入っている湿布薬は成分的に言うと弱く、逆に体に優しいです。サリチル酸メチルなど。
②の痛みそのものをブロックする湿布薬は成分が比較的強く、効果は高いのですが、体への負担(副作用)は大きいです。現在薬局で売られている湿布薬の主要な成分はインドメタシン、フェルビナク、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)です。

【湿布の選び方】
さて本題の湿布の選び方ですが、自分の腰痛の種類がどの系統の腰痛なのかをしっかりと見極めましょう。
「最近急に腰が痛くなって動くのが辛い」という方は急性の可能性が高いので成分が強い湿布薬を選びましょう。
逆に「この腰痛にはもう何年悩まされているだろう」という腰痛には成分弱めの体に優しい湿布薬を選びましょう。

湿布選びにはもう1つありますね。冷湿布か温湿布かです。
急性腰痛は熱感があるから患部を冷やしてくれる冷湿布、慢性腰痛は血行を良くしたほうがいいから患部を温める温湿布がいいと今までは言われてきました。しかし実際は冷湿布は冷たい感じがする、温湿布は暖かい感じがするだけで患部の温度自体はどちらも多少低くなることがわかっています。実際に患部を冷やすのなら患部にアイスパックなどの冷たいものを15分以上当てなければなりませんし、患部を温めるのでしたらお風呂や電気毛布などでゆっくりと体の深部まで温める必要があります。
ですので結果はどちらを貼っても大丈夫ということです。患部に熱があるのでしたら冷たい物が気持ちいと思うでしょうし、固まっているのなら暖かいのが気持ちいと感じるかもしれません。自分のこのみで選びましょう。

【湿布を買う上での注意点】
どの湿布を選んでもそうなのですが、鎮痛作用の成分が含まれているものは喘息や妊婦の方に悪影響を及ぼす可能性があるの注意が必要です。また、お肌が弱い方は温湿布に含まれるカプサイシンなどの成分が刺激になって肌が荒れる可能性がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

腰痛に効く湿布でおすすめの市販薬は?

No1.ボルタレンEX
ボルタレンEX
現在の市販の湿布薬のなかでは鎮痛効果が一番高いジクロフェナクナトリウムが含まれており、素早く痛みを抑えることができます。テープタイプ、ローションタイプのものなどがありますが、用途によって使い分けると良いでしょう。
テープタイプも従来の柔らかくて厚みのあるパップタイプよりは通気性が良くかぶれにくくなっていますが、それでもかぶれやすい人はかぶれてしまうので、そんな方はローションタイプをこまめに使用することをおすすめします。

No2.のびのびサロンシップα 無臭性
のびのびサロンシップ
痛みを抑えてくれるサリチル酸グリコールと結構促進作用のあるビタミンEが配合されています。
特長はシップ独特の匂いがなく、昼間働いている方でも問題なく使用できるようになっています。
伸縮が非常に柔らかいので関節部分などの動く部分にもぴったりフィットしてくれ、はがれにくいけどはがしやすいタイプの湿布です。

No3.点温膏(てんうんこう)K
点温膏
この湿布は通常の大きい四角い湿布とは違い小さい四角の形をしている湿布です。
小さいので痛みの場所をピンポイントで狙うことができいろいろなところに貼ることができます。
点温膏Kには温感刺激のあるノニル酸ワニリルアミドと血行促進作用のあるトコフェノール酢酸エステルが含まれており、じんわりと温まる感じのする湿布です。匂いはそこまで強くなく、簡単に自分でも貼ることができるのでおすすめです。
ただお肌が弱い方へは注意したほうが良いでしょう。

腰痛で湿布を貼る場合の貼る位置は?

湿布の位置
腰痛の場合湿布をどこに貼ればいいのか考えたことありますか?
一般的には痛い部分を中心に直接貼る方がほとんどだと思います。
急性腰痛のように患部に炎症が起きている場合は熱感や痛みが出ている場所に貼ればいいのですが、慢性の場合は少し違います。

慢性の腰痛のほとんどは、背骨から出ている神経がなんらかの原因で圧迫等されて痛みが出ていることが多く、背骨のから出ている神経のすぐの部分に湿布を貼ることによって痛みの大元を鎮めることができます。そのポイントの探し方は痛い部分から指を約4本分上にいったところにありますのでそこを中心に貼るといいでしょう。

まとめ

湿布の使い方は痛みの種類によって変える必要があります。必要以上に鎮痛成分の強いものを使うと、成分に慣れて効き目が少なくなるだけでなく体に負担がかかるので痛みによって使い分けましょう。あまりにも連続使用するとこれもまた体に負担がかかりますのでいつまでも治らない場合は、早めに医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

くさい!足の臭いの消し方は?原因は?靴の臭い対策法は?

くさい!足の臭いの消し方は? くさい足の臭い。 自分も不快だし、周りにも臭ってい …

乾燥肌や敏感肌の原因は?改善法は?化粧水でおすすめは?

乾燥肌や敏感肌だと周りの人たちと同じように思いっきり遊べなかたっり、常に気にして …

急性胃腸炎の原因と症状は?感染経路は?感染の予防法は?

突然襲ってくる激しい腹痛、水みたいな下痢、吐き気。 今、急性胃腸炎が流行っていま …

さらばイライラ 即効性のあるものおすすめ10選!

ストレス社会と言われる現代。 1日1回は誰しもがイライラしているのではないでしょ …

自律神経失調症の原因と症状は?改善方法は?効果のある食べ物は?

近年では「自律神経失調症」という名前を良く耳にするようなりました。 自律神経失調 …

【働きすぎのあなたは注意!】うつ病とは?仕組みと予防法を公開

「働きすぎて毎日気持ちが重い…これってうつ病??」 近年、個人が抱える労働量の多 …

慢性的な腰の痛みの原因は?そこから足のしびれが!?解消法は?

つらい腰痛。 立っていても寝ても腰が痛い…。 何をしてても気になり、落ち着きませ …

口臭が臭い原因は?病気のせい?改善法は?

気になる口臭。 家族や友人、仕事で口臭が気になったことはありませんか? 逆に自分 …

ロタウイルスの予防接種の効果は?赤ちゃんへの副作用は?するべき?

ロタウイルスは、簡単に言うと、胃腸炎を起こすウイルスです。 冬場に流行するイメ …

インフルエンザの時の解熱剤は危険?対処法 大人の場合・感染力は?

インフルエンザが猛威を振るう季節がやってきました! インフルエンザにかかると高熱 …