アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

肺炎てうつるの?原因と症状は?感染経路は?

   

最近身近なところで肺炎にかかったというのを聞くようになりました。

肺炎は原因死亡率4位という油断できない病気です。
咳
肺炎という名前は有名なので聞いたことあると思いますが実際にどんな病気かあまり良くわからないですよね?

症状が風邪にも似ているので判別も難しいし、もし近くに肺炎にかかった人がいたらうつるのかどうか気になるところ。

今回は肺炎について原因・症状・観戦経路をご紹介します!

スポンサードリンク

肺炎てうつるの?

結果からお話しますと肺炎は移るものと移らないものがあります。
肺炎は自発的になるものもありますが、ウイルスや細菌などによって発症するものもあります。
そもそも風邪と肺炎の違いはなんなのでしょうか?

【風邪と肺炎の違い】
風邪は、ウイルスが原因で鼻や喉、気管支などが侵されて鼻水が出たり、喉が痛くなったり、咳が出たりします。
しかし、肺炎の場合は、その時のごとく肺に炎症が起きる病気です。肺炎の場合は、風邪と同様にウイルスの感染が原因で起こることもありますが、他にも細菌や誤嚥などのいろいろな原因で起こります。
原因は違えど症状が風邪に似ていることから、素人が症状から病気を判断することは難しく、肺炎と断定するのは困難です。
しかし判別の目安として、症状の持続期間を見てみましょう。風邪の場合は、原因になるウイルスが体内で生存するのは3日前後です。ひどい風邪で高熱がでたり咳が出たりしても大抵は3日前後がピークでそれ以降は落ち着きます。インフルエンザでも1週間以内です。ということは1週間以上症状が続くようでしたら肺炎を疑うことができます。

※誤嚥とは、唾液や胃液、食べ物などが気管に入ってしまうことをいいます。

肺炎の原因と症状は?

上記でざっくりお話しましたが肺炎の詳しい原因と症状はどんなものなのでしょうか?

【肺炎の原因と症状】
①細菌によるもの
肺炎球菌
・肺炎球菌

肺炎球菌による肺炎は、どの年代の方にも発症する可能性のある肺炎です。特に生後半年から4歳児に多く、時期的には5~6月の発症が最も多く見られます。
成人がなる肺炎の原因菌で一番多い肺炎です。乳幼児がこの肺炎にかかると、腹痛や髄膜炎、心筋炎、中耳炎、副鼻腔炎を起こす菌でもあるので注意が必要です。

・ブドウ球菌
日本ではかなり少なくなってきました。
このブドウ球菌による肺炎は、1歳以下の子供の発症率がほとんどで全体の70%とかなりの割合を占めています。
進行も早いので院内感染が問題になっており、入院後、48時間以降に発症したものを院内感染とされています。
呼吸に異常が出て膿胸や肺膿瘍になるケースも見られ、命に関わる場合もあります。
MRSAのように、抗生剤に耐性をもつものも現れていますので、治療もだんだん難しくなってきています。

※MASA(エムアールエスエー)
発症した場合に、通常細菌を退治するために使用される薬が効かなくなる細菌の一種のこと

・インフルエンザ菌
毎年流行するインフルエンザとは違う菌です。インフルエンザの病原体と間違われたために、この名前がつきました。
これは気管支炎を患って、なかなか治らずに、そのまま肺まで侵攻し肺炎になるというケースが多く見られます。この菌は気管支系の病気を併発することが多く、危険な呼吸困難を引き起こすことがあるので注意が必要です。

②ウイルスによるもの
ウイルス
・インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスの場合は通常の症状が出た後に、それが重症化して肺が犯され肺炎になるというケースです。
インフルエンザそのものが重症化すると命の危険があるので注意が必要です。症状を重症化させないためにもインフルエンザの予防接種を受けることがおすすめです。

スポンサードリンク

・麻疹ウイルス
どちらかというと発疹ができるということで知られているウイルスですが、これが肺に感染した場合に肺炎になります。
肺に感染した場合は発疹が出ることはほとんどありません。
重症化した場合は命の危険がありますので注意が必要です。

・アデノウイルス
アデノウイルスには様々な型があり、肺炎を起こすものは7型と言われているものです。
知名度は低いのですが、インフルエンザウイルスの次に多いウイルスと言われており、これもまた重症化してしまうと命の危険がありますので注意が必要です。

・サイトメガロウイルス
これはヘルペスウイルスの一種で、日本人のほとんどが日和見感染しており、発症しないまま過ごしています。
免疫力が低下すると発症することがあり、肺炎が発症した場合は死に至こともあります。

※日和見感染
免疫力が低下しているときに、健康な人では感染しない、病原性の弱い微生物に感染すること

③その他の原因
・マイコプラズマ

マイコプラズマは細菌とウイルスの中間のような存在のものです。
他の肺炎とは違い、聴診器を当てても異変が見られず、レントゲンを撮ると真っ白い影が移ります。
主な症状は発熱となかなか治らない咳です。そこまで深刻な状態になることが少なく、入院ではなく通院での治療になります。
稀に症状がかなり強く現れることもあるのでその場合は入院での治療になります。

・カビ(真菌)
カビの真菌が肺の中に入ることによって肺炎になることがあります。
エアコンに生えたカビが送風とともに撒き散らされたり、加湿器などに生えたカビが水の加熱とともに増殖し撒き散らされたりして吸い込んで発症したりします。
カビがいない環境へ行けば、自然と治癒したりするのですが、同じ環境に居続けると、薬で治してもなんどもぶり返し、やがて肺が繊維化してしまうので油断できません。カビは高温多湿を好むので梅雨時期〜夏場にかけて発生しやすいです。

・誤嚥
誤嚥による肺炎は高齢者に非常に多く、とくに流動食とっている方に多く見られます。
食べたものが、誤って気管に入ってしまい、その際に反射的に激しく咳き込んで入った食べ物を外に出そうとするのですが、そのタイミングで出すことができないと結果的に肺炎につながってしまいます。

肺炎の感染経路は?

肺炎のほとんどは飛沫感染です。
※咳やくしゃみによって撒き散らされた病原体が他人の粘膜に付着して感染すること

肺炎にかかっている人が咳やくしゃみをした際に、細菌やウイルスが飛び散り、それを他の人が吸い込んでしまい感染します。
ですので近くに肺炎にかかっている方がいたら、いつも以上に気を付ける必要があります。
ただ上記でもお話しましたとおり全ての肺炎が人に移るかというとそうではありません。
そして自分は気をつけていても、感染している人が気づかなかったら予防するのも困難です。
とくに接客業をしている方や、普段大勢の人が集まる場所に出入りする人はかかる可能性が高いといえます。

では、どうしたら予防できるのでしょうか?

【肺炎にかからないようにするには?】
肺炎を予防するにはうがいや手洗いを日課にしましょう。
いつの間にか細菌やウイルスを吸い込んでいる場合もありますし、感染した人がくしゃみをし、それを抑えた手でドアノブや電気のスイッチを触って、それを他の人が触り、手を洗わずに食事をとったりした際に感染したりもしますので手洗いも重要な感染予防になります。また空気が乾燥していると細菌やウイルスが飛びやすい環境になってしまうので、室内では加湿器を使用し、感染しにくい環境をつくることも大切です。
万が一肺炎にかかってしまった可能性がある場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。
手洗い

まとめ

肺炎は他人に移るものと移らないものがあります。
何が原因で肺炎にかかろうとも重症化してしまうと命の危険が伴ってきますので、早めに病院を受診することをおすすめします。手洗いうがいが有効な予防手段になりますので家に帰った時や、食事の前は手洗いうがいを徹底して行いましょう。

スポンサードリンク

 - How to, 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

喉の痛みや腫れの原因は?その治し方と予防法をご紹介!

喉の痛みや腫れってすごく不快で気になりますよね。 食べ物を食べる時も、飲み物を飲 …

膀胱炎の原因 女性の場合は?症状と治し方・予防になる食べ物を紹介

つらい膀胱炎。 膀胱炎は男性よりも女性に多いのが特徴で2人に1人が経験すると言わ …

【熱中症の原因と症状】吐き気・頭痛の緩和法と対策法をご紹介!

暑い日がガンガン続いていますね。 熱中症なんかになりたくない!いや、もうなってい …

急性胃腸炎はストレスから その症状は?人にはうつる?治療法は?

急性胃腸炎の原因の多くはウイルスの感染によるものと言われています。 生のものを食 …

女性の冷え性の原因は?対策法は?改善できる食べ物は?

暑い夏が終わり、寒い冬がやってきました。 寒い季節となると余計に気になるのが体の …

寝汗が大量に出るのは病気?原因・対策は?

突然かく寝汗。 特に暑いわけでもないのに…。 寝汗をかくたびに着替えたり、シーツ …

胃痛胸焼けの原因は?解消法は?薬局で買えるおすすめの薬は?

最近胃痛や胸焼けが多いな…。 長い間続いているな…。 胃痛や胸焼けってずっと気に …

慢性的な腰の痛みの原因は?そこから足のしびれが!?解消法は?

つらい腰痛。 立っていても寝ても腰が痛い…。 何をしてても気になり、落ち着きませ …

これで抜け毛の不安を解消!抜け毛に効果のある食べ物8選!

「最近抜け毛が増えたような…。将来ハゲたら嫌だな…。」 1日の抜け毛の標準本数は …

ぶりの栄養にはこんな効果が!?臭みの消し方・レシピでおすすめは?

冬のお魚といえば「ぶり」ですよね!この時期は脂がのって大変美味しくなります。 毎 …