アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

さらば!しみ・そばかす 原因と改善 化粧品選びのポイントをご紹介

      2017/01/15

だんだん暖かい季節から暑い季節に変わってきました。

これからだんだん露出が多くなってくると思います。

そこで気になるのが紫外線による『しみ・そばかす』

「薄着したいけどしみやそばかすを増やしたくない!」

「しみ、そばかすがあるせいで肌を出すのが恥ずかしい…」

など女性にとっては重要な悩みですよね。

今回は、しみ・そばかすの知識、改善方法、しみ・そばかすに良い化粧品選びのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

しみ・そばかすの原因は?


ここでは、しみ・そばかすの原因をご紹介していきますが
そもそも、しみ・そばかすはどう違うのでしょうか?

しみの原因

しみにはいくつか種類があり

・ニキビなどの炎症が起こった後にできるしみ
・紫外線などのダメージが蓄積されてできるしみ
・加齢によるしみ

などがあります。
肝斑(かんぱん)などもしみにあたります。
どれも後天的な原因によるものです。

そばかすの原因

そばかすはしみとは違い後天的ではなく、ほとんどが先天的なもの、つまり遺伝によるものがほとんどです。
そばかすは正式名称を『雀卵斑(じゃくらんはん)』といいます。しみよりも斑点が小さく顔の頬や鼻の周囲などに出ることがほとんどが顔以外にもでることはあります。
加齢により薄くなることもあります。紫外線にあたると濃くなる性質を持ってます。

しみとそばかすの大きな違いは「後天性か先天性か」です。

このように違いはあるのですが原因は同じで『メラニン』という物質が原因です。

皆さん『メラニン』はきいたことあるかと思います。
細かく言うとメラニンは黒褐色の色素を作る細胞のことを指します。その色素がしみ・そばかすの原因です。

このメラニンは悪い細胞なのかというとそうではありません。

メラニンの本来の役割は、ただ肌を黒褐色にするのではなく、紫外線の刺激から肌を守るために、太陽の光を吸収する働きを持っています。
逆にメラニンが少なすぎると紫外線が肌の奥まで入り込み、コラーゲンやヒアルロン酸などからできる大切な細胞が破壊されてしまい肌荒れの原因につながります。
それを防ぐために体の防御反応としてメラニンの量が増えて紫外線から肌を守るのです。日焼けをして肌が小麦色に焼けるのはこの反応のためです。

肌は通常28日周期で入れかわります。なので夏に日焼けしたら冬には白くなる、というのは肌の細胞が入れ替わることにより起こります。この現象をターンオーバーというのですが、このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみ・そばかすを消す改善法をご紹介

上記でもお話ししましたが、しみ・そばかすはターンオーバーがうまくいかなかったことでできるものです。ということは肌のターンオーバーを促進したり、肌の活性酸素(=老化の原因)を除去すれば改善できるということです。

それにはビタミン類を摂取することが良いとされています

ビタミンE


老化の原因でもある活性酸素を除去したり、肌細胞の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進する作用があります。アーモンドナッツなどに多く含まれます。

ビタミンC


黒く肌に定着してしまったメラニンを無色に変える働きがあります。
アセロラなどに多く含まれます。

βカロテン


活性酸素を除去します。
かぼちゃなどに多く含まれます。

スポンサードリンク

取り方のポイント


摂取するのはあくまでも適量にしましょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンといってビタミンCなどの水溶性ビタミンと違い体外に排出されません。なので摂りすぎはまた新たな不調を生み出してしまうので適量を摂取しましょう。
これらは全てサプリメントでとっても構いません。これらを摂取して夏までにしみ・そばかすを消しましょう!

しみ・そばかすに良い化粧品選びのポイント


まず、しみ・そばかすに良い化粧品を選ぶ際には二つのタイプに大きく分けることができます。

・これから、しみ・そばかすができると嫌なので予防したい
・既に、しみ・そばかすができているのでこれらを目立たなくしたい

この二つでは使う成分が異なってきます。

これから、しみ・そばかすができると嫌なので予防したい!


まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが

・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸
・リノール酸
・ルシノール

などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

既に、しみ・そばかすができているのでこれらを目立たなくしたい


既にできてしまったしみを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選びます。

・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド

などです。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。
目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。

しかしあくまでも医薬部外品です。

効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。

シミ・そばかす対策のお化粧品

では実際にはどんな化粧品がいいのでしょうか?

シズカニューヨーク




先着500名様限定!!日本人女性のための年齢肌化粧品【シズカニューヨーク】

この『シズカニューヨーク』は、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすの形成を防いでくれる「ホワイトニングエッセンスローション」。
さらには、シミの形成を助けてしまう、シワやたるみをケアできる「リフティングクリーミーセラム」2本を使い分けそれぞれをケアしていきます。おすすめです。

最後に…


しみ・そばかすは後天的か先天的か大きな違いがあれど原因は同じメラニンです。
なので対策も同じ方法になります。しっかり改善・予防して今年の夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

 - 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

レンコンにダイエットの効果が!?栄養・レシピのご紹介

食欲の秋。食べ物が非常に美味しい季節ですからついつい食べ過ぎて体重が悲惨なことに …

大根にはダイエットの効果あり!?方法は?レシピは?

秋冬の野菜の代表といえば「大根」ですよね。 この時期の大根は安く大きく味もよくで …

目立つ顔のしわ ほうれい線の原因 改善 予防法をご紹介

近年、世の中の美容意識がどんどん高まっていますね。 年齢を重ねてもできるだけ少し …

ゆずの効果はダイエットも!?お肌にもいい!?食べ合わせでいいもの

冬といえば「ゆず」の季節ですね。 ゆずにはいろんな使い方があります。薬味として使 …

【脇の黒ずみ解消法】重曹ピーリング・美白クリーム

夏間近! 暑い季節になると肌の露出も増えますよね!? 「脇の黒ずみがコンプレック …

手のあかぎれの原因は?治し方は?絆創膏でおすすめは?

寒さが厳しい季節になってきました。冬場はお肌のトラブルも多い季節ですね。 その中 …

痛かゆい!手足のヒビやあかぎれの原因は?治療法は?予防法は?

寒い乾燥の季節。 手足が乾燥してひび割れやあかぎれができやすい季節ですよね。 ひ …

女性の冷え性の原因は?対策法は?改善できる食べ物は?

暑い夏が終わり、寒い冬がやってきました。 寒い季節となると余計に気になるのが体の …

手がかゆい原因は?ストレスのせい!?治療法は?

なぜだかわからないけど手がかゆいことってありません? かゆくてかいてしまって傷に …

ほくろがかゆい原因は?悪性かどうかの見分け方・除去する方法は?

ほくろがかゆい。これって異常? ほくろがかゆいのはもしかしたら病気のサインかもし …