アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

梅雨のカビのせいでかかる病気は?正しいお掃除法と対策法をご紹介

      2017/01/14

ジメジメとした時期がやってまいりました。

そう…梅雨のやつがやってきましたね。。

梅雨といえば『カビ』

湿度が高くなるせいで家の中にカビが繁殖してしまいます。

カビを吸い込んでしまうことでこんな恐ろしい病気にかかってしまうかも!?

今回は梅雨の時期のカビに役立つ情報をご紹介します。

スポンサードリンク

梅雨の時期のカビでかかる病気とは?


カビが原因でかかる病気は、大きく分けると3つあります。

1.感染症


「水虫」や「タムシ」などカビが人の肌に取り付いて起こす「浅在性皮膚真菌症」。他にも皮膚カンジダ症、マラセチア毛包炎などがあります。これらは皮膚の浅いところに感染した場合に起こるものです。皮膚の深いところに感染して起こる病気もあります。皮膚の深いところに生じるものを「深在性皮膚真菌症」といい、免疫力が低下した人に多く見られる皮膚クリプトコッカス、潰瘍性や肉芽腫性の病変を起こすスポロトリコーシス、皮膚の下に結節や腫瘍を作る黒色真菌症などがあります。

2.アレルギー性疾患


「気管支ぜんそく」「アレルギー性鼻炎」などカビの胞子が気管や肺、鼻に入っておこる病気です。空気中に浮いているカビは非常に小さく目に見えないので呼吸をすると同時に体の中に入ってきます。これにより上記の病気が引き起こされます。さらにカビの種類によってかかる病気が異なり、アスペルギウスやクリプトコックスという真菌(カビ菌)が肺に入ると肺自体にアレルギー性の炎症が起きます。症状は咳や発熱などで、これが進行すると呼吸困難にまで至ります。この中でもアレルギー性気管支肺アスペルギウス症は、気管支喘息と症状が酷似しているために、診断には血液検査、レントゲン検査などが必要になります。

3.カビによる中毒


カビによる中毒は食中毒とは少し異なり、食べた後すぐに嘔吐、下痢などの症状が出るというものが少なく、後々、慢性疾患からのガンや、肝臓もしくは腎臓の障害が起きるものもあります。これはカビが作る毒素:マイコトキシンによるものです。天然物の中で最強と言われている発がん性をもっています。

意外と間違ってる?梅雨のカビの正しいお掃除法!


ここではカビの掃除法をご紹介します。
意外と間違ってる方多いと思いますよ〜。

カビの掃除をするときにしてはいけないこと!

カビを掃除機で吸ってはいけない


カビはホコリよりもずっと小さいので掃除機でカビを吸い込んでしまうと中のゴミパックの中に溜まるのではなく、排気口から勢い良く部屋全体にばらまかれます。結果それを呼吸とともに体の中に取り込むことになってしまうので要注意!

ぞうきんで水拭きしない


ぞうきんで水拭きをしてしまうとカビを周囲に撒き散らすだけでなく、湿気を与えてしまうのでより繁殖してしまいます。なので、ぞうきんで拭いた後を放置しておくと前よりもさらに広範囲でカビが生えてきます。

スポンサードリンク

ぞうきんで乾拭きしない


上記で水拭きはダメ!とご紹介しましたが乾拭きもNGです。拭き取ったあと目に見えるカビがいなくなったからといって除去できてるわけではありません。部屋に撒き散らしているだけです。

殺虫剤を吹きかけない


カビを見つけると害虫駆除に使う殺虫剤をかける人もいるみたいです。しかし殺虫剤は虫を駆除するものであって消毒するものではありません。むしろそのスプレーが栄養となって繁殖します。

カビ取りスプレーを多用しない


カビ取りスプレーは確かにカビを除去してくれるのですが、他の菌も死滅させてしまうので、除去した後がさらに繁殖しやすい環境になってしまいます。なので根深いカビ以外にはあまり使わないようにしましょう。

正しいお掃除方法
水拭き、乾拭き、掃除機、スプレーがダメとなると何ならいいのでしょうか?

ズバリ! 消毒用のアルコールスプレーを使いましょう!

アルコールスプレー(エタノールなどアルコール濃度約70%前後のもの)だと湿り気を与えてしまうような気がしますが、アルコールは揮発性が強いので一瞬で乾きます。むしろ湿気もろとも蒸発しますので乾かす効果もあります。なので速乾性もあり、殺菌力の高い消毒用アルコールスプレーを使いましょう。

さらば梅雨の時カビ!対策法をご紹介!


多くの人はカビ=梅雨の時期のイメージがあると思いますが、実はカビの時期は徐々に暖かくなる春の季節から始まっています。

カビが発生する3条件です。

・温度(20度〜30度前後が一番繁殖します)
・湿度(湿度80%以上がカビにとっては最適です)
・栄養(ハウスダストなどを栄養に繁殖します)

これらの条件が完璧に満たされるのが梅雨の時期です。梅雨に入ってからだとカビはもう増え始めているので手遅れです。なので一足早く春の季節から対策をしなければなりません。

次のことに気をつけてカビを予防しましょう。

24時間換気をする


家で湿気が溜まるところといえば浴室やキッチンですよね。この箇所の換気扇は使用中だけでなくて24時間常に換気扇を回すようにしておきましょう。換気扇だけでなくお部屋の空気の入れ替えも必要です。窓をこまめに開けて換気しましょう。湿気が溜まると速攻でカビが繁殖しますのでご注意を!

こまめに掃除をする


カビの主な栄養はホコリや汚れなどです。こまめに掃除してカビに栄養を与えないようにしましょう。

温度をコントロールするのは難しいですが(ずっとエアコンをつけて置くのは色々厳しいので)カビの繁殖3条件のうち2条件の湿度と栄養を抑えることができればカビは生えません。なので換気と掃除を徹底してカビを予防しましょう!

最後に…


カビの繁殖条件は湿度・温度・栄養です。春先から梅雨、夏にかけてこの条件が満たされていきます。
カビが繁殖すると人体に悪影響を及ぼします。なのでこまめに換気と掃除をしてカビを予防しましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長引く夏風邪の原因と症状は?治療法と予防対策法は?

毎日毎日暑いですね。 この暑い季節特有の「夏風邪」。 スポンサードリンク 「夏風 …

血圧が低いのは問題アリ?原因は?改善法は?

あなたは血圧が低いことで悩んでいませんか? 低血圧は高血圧に比べて問題視されにく …

梅雨急増のダニに刺されてなる病気は?布団では300倍に!対策は?

毎日ジメジメ、ムシムシのいや〜な梅雨のシーズンがやってきました。 人間にとっては …

しみそばかすの違いと原因は?消し方は?良い化粧品ランキング!

年齢を重ねて、しみやそばかすが目立ってきた…。昔はこんなことなかったのに…。 し …

風邪の時の卵酒って本当に効果あるの?子供に飲ませて大丈夫?レシピ

風邪を引きやすい季節ですね。 「風邪を引いたら卵酒」とは昔から言われてますよね。 …

アトピーが大人になってから発症する原因は?治し方は?食事療法は?

辛いアトピー。痒くて寝れない、見た目も悪い。 子供の頃は大丈夫だったのに、大人に …

【さらば花粉症!】目の痒み 鼻水 家の中に持ち込まない対策法

春らしい暖かい季節になってきましたね。 こんなに気持ちいいお天気の日はお出かけ! …

慢性的な腰の痛みの原因は?そこから足のしびれが!?解消法は?

つらい腰痛。 立っていても寝ても腰が痛い…。 何をしてても気になり、落ち着きませ …

喉の痛みや腫れの原因は?その治し方と予防法をご紹介!

喉の痛みや腫れってすごく不快で気になりますよね。 食べ物を食べる時も、飲み物を飲 …

腰痛に効く湿布の選び方は?おすすめの市販薬は?貼る位置は?

腰が痛くて仕方がない。けど病院へ行く時間はないし…。 かといって薬局で湿布を買う …