アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

乾燥肌や敏感肌の原因は?改善法は?化粧水でおすすめは?

   

乾燥肌や敏感肌だと周りの人たちと同じように思いっきり遊べなかたっり、常に気にしてたりで正直面倒くさいですよね。

健康な強い肌だったらどんなに楽か…。
敏感肌
そんな乾燥肌や敏感肌でお悩みのあなたへ!

今回は乾燥肌や敏感肌の原因と、改善法とおすすめの化粧水をご紹介します。

スポンサードリンク

乾燥肌や敏感肌の原因は?

近年では乾燥肌や敏感肌で悩む人が増えています。年齢層は幅広く赤ちゃんからお年寄りまで様々です。
全体的に増えているということは、その原因が普段の生活の中にあるということです。それでは何が原因なのか具体的にご紹介します。

①食生活の乱れ
食生活の乱れ
お肌だけでなく全身に言えることなのですが、人間の細胞が正常に機能するためにはビタミン類、ミネラル、アミノ酸や脂分がバランス良く必要です。最近では、偏食をする人が多くビタミン、ミネラル、アミノ酸が不足し、脂分を過剰摂取しているなどの食生活が乱れ栄養バランスが崩れている人が多いために、乾燥肌や敏感肌になる方が増えています。

②睡眠不足
睡眠不足
睡眠不足もお肌にかなりの悪影響を及ぼします。お肌は夜に寝ている間に新しく生まれ変わる作業を細胞が行っているのですが、睡眠が少なければ少ないほど、肌の新陳代謝がうまくいかず、肌のトラブルにつながります。

③入浴
入浴
現在の水道水には殺菌のために塩素が含まれているのですが、その塩素が肌に対して刺激が強すぎるために、肌のトラブルが引き起こされます。水道水だけでなく合成着色料が入ったボディソープやシャンプーなども肌に悪影響を及ぼすことがあります。
さらにゴシゴシこすって洗うのも肌の角質層の表面を傷つけてしまうので注意が必要です。

④日焼け
日焼け
UVケアを怠ったり、わざと肌を焼くために紫外線を浴びて皮膚がダメージを受け、刺激に過敏になることがあります。

⑤加齢
加齢によって表皮や真皮の厚さが薄くなります。弾性繊維(コラーゲン)も減少し弾力も失われます。さらに紫外線から肌を守ってくれうメラニン細胞の数も減少するので、肌の防護力も減少し、敏感肌になっていきます。

⑥体質
これはもともと生まれもったもので、アレルギーやもともと肌が弱いと乾燥肌や敏感肌になる傾向が強いです。

これ以外にもたくさんありますが主に普段の生活が深く関係していることがわかりましたね。

乾燥肌や敏感肌の改善法は?

それでは原因がわかったところでどういう点に気をつければいいのかという改善法をご紹介しましょう。

①食生活を整える
今まで偏食がつづいていたのであれば、偏食をすぐにやめましょう。
乾燥肌や敏感肌にいい食べ物は保湿を助けてくれる食べがおすすめです。
例えば動物の軟骨やふかひれなどにはヒアルロン酸が多く含まれているので乾燥肌の方に特におすすめです。
また新陳代謝を活発にする栄養で「亜鉛」がおすすめです。牡蠣やホタテ、卵や納豆に多く含まれています。
逆に一見いいように思えるのですが、生野菜は体を冷やす作用があり、栄養的にはむしろいい食品なのですがお肌は冷えると余計に乾燥の原因になりますので野菜を多く食べるときはスープや温野菜などにしてから食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

②睡眠をしっかり摂る
上記でもお話ししましたが、お肌の新陳代謝は睡眠中に行われます。
特に夜の10時〜深夜2時の間は成長ホルモンが活発に分泌され、お肌の新陳代謝を促してくれます。
ですのでこの時間帯を含めた時間睡眠をしっかりとるようにしましょう。

③入浴の仕方を見直す
入浴の際にお湯が熱すぎたり、毎回毎回ボディソープなどでしっかり体を洗うと、皮脂を落としすぎたり、肌のバリアの役割をしてくれる常在菌などの雑菌も落としすぎたりして皮膚が余計に乾燥したりしてしまうので、38度くらいのぬるま湯で体を洗いましょう。これだけでも十分に汚れを落とすことができます。少し臭いが気になるようでしたら毎回ボディソープをやシャンプーを使用するのではなく2日に1回など間隔をおいてから使用するようにしましょう。

④保湿をしっかりする
普段から保湿を心がけましょう。敏感肌は乾燥肌が悪化したものです。
保湿をしっかりすることによって悪化を抑え、改善することができます。
ただし敏感肌の方は保湿をする化粧水も選ばなければなりません。敏感肌の方は化粧水の成分に「ビタミンC誘導体」や「アルコール」が入っていると刺激になることがあり悪化する場合がありますので注意が必要です。

乾燥肌や敏感肌にいい化粧水でおすすめは?

敏感肌や乾燥肌の人が化粧水を選ぶときに何点か注意することがあります。

①十分な保湿力があるか?セラミドなどの保湿成分が含まれているか?
②お肌の補修をしてくれる成分が含まれているか?
③石油系界面活性剤を使用していないか?
④エタノールを使用していないか?
⑤合成ポリマーを使用していないか?

これらの点に注意して化粧水を選ぶ必要があります。

また最近ではオーガニックの化粧水が人気が出てきており、種類が増えてきましたが「オーガニック=肌に優しい」ではありません。天然成分にも刺激が強いものがありますし、人によって合う合わないが違いますので注意が必要です。

【敏感肌の方におすすめの化粧水】
No1.アルージェ モイスチャー ミストローションⅡ(しっとり)/全薬工業

アルージェ
アルージェは敏感肌に悩む女性のために誕生したスキンケアブランドです。保湿成分である天然セラミドをナノ粒子化することで、高いうるおい効果があります。うるおいが長時間持続して、肌を健やかに整える化粧水で界面活性剤やパラベンを含まず、低刺激にこだわり敏感肌の方でも安心して使うことができます。

No2.ヒフミド エッセンスローション/小林製薬
ヒフミド
小林製薬のヒフミドシリーズは特に乾燥肌に悩む女性に支持されている化粧品です。
保湿成分には保湿力の高い「ヒト型セラミド」を使用しています。ヒト型セラミドは人の皮膚に存在するセラミドと同じ構造をしているため、角質層に自然に浸透し本来の保湿力を発揮して、肌を守ってくれます。
パラベンやエタノールを使用しておらず低刺激で肌にも優しい化粧水です。

No3.無印良品 化粧水・敏感肌用(しっとりorさっぱり)/良品計画
無印良品
乾燥が気になる敏感肌にうるおいをたっぷり与えて保護してくれます。
肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキス、保湿力の高いリピジュアR、ヒアルロン酸が配合されており、1000円以下で買える化粧水の中では、クセがなく非常に使いやす化粧水です。
もちろん刺激になるエタノールやパラベンや着色料などは一切含まれておりませんので敏感肌の方でも安心して使えます。

まとめ

乾燥肌や敏感肌は普段の何気ない生活習慣からなるものです。
一気に治ることはありませんが、毎日の積み重ねによって良くも悪くもなりますので、これを機に一度自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 健康, 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

男性の冷え性の原因は?ストレスも関係してる?対策法は?

寒い季節がやってまいりました。 「冷え性=女性」というイメージがあるかもしれませ …

腰痛に効く湿布の選び方は?おすすめの市販薬は?貼る位置は?

腰が痛くて仕方がない。けど病院へ行く時間はないし…。 かといって薬局で湿布を買う …

効果絶大!夏風邪を治す7つの食べものとは?

毎日暑い日が続いていますね。 この季節はウイルスによる感染症、いわゆる「夏風邪」 …

唇が荒れる原因は?治し方は?予防法は?

唇が荒れるのは辛いですよね。 常にピリピリして気になり、食べ物や飲も物をとるとき …

鼻の角栓の正しい取り方は?抜いた後のケアは?予防法は?

鼻の毛穴の角栓気になりますよね。いちごっ鼻で格好悪い! 女性だとせっかくメイクし …

痛かゆい!手足のヒビやあかぎれの原因は?治療法は?予防法は?

寒い乾燥の季節。 手足が乾燥してひび割れやあかぎれができやすい季節ですよね。 ひ …

インフルエンザの時の解熱剤は危険?対処法 大人の場合・感染力は?

インフルエンザが猛威を振るう季節がやってきました! インフルエンザにかかると高熱 …

インフルエンザ予防接種は本当に効果ある?副作用は?した方がいい?

寒くなると毎年やってくるのがインフルエンザ。 何かと大事なことが多い時期ですから …

アトピーが大人で発症する原因は?対策は?食事療法は?

アトピー性皮膚炎て痒くてしんどいですよね。 最近は大人になってからアトピーになる …

お肌の黒ずみの原因は?解消法は?効果のある食べものは?

お肌の黒ずみ気になりますよね。 ゴシゴシ洗っても消えないしこの黒ずみは一体なんな …