アスハレ

  アスハレ ~明日の気分が晴れる情報メディア~

インフルエンザの症状 見分け方・自宅の過ごし方・家族内感染を予防

   

ちょっと風邪っぽい。

けど世間ではインフルエンザが流行ってるし、もしかしたらインフルエンザかも…。

どうやったら見分けられるんだ?インフルエンザだったら家で何をするのがいいのかな?
家族に移さないようにするにはどうしたらいいのだろう?
インフルエンザ
こんなあなたのお悩みにお答えしまして、今回はインフルエンザと風邪の見分け方と自宅での過ごし方と家族内感染の予防法をご紹介します!

スポンサードリンク

インフルエンザの症状 風邪との見分け方は?

インフルエンザと風邪の見分け方って何気に難しいですよね。
この二つの初期症状の違いを比べることによって見分けることができます。

【見分けるポイント】
①熱があるかどうか

インフルエンザか風邪かを見分ける上でこれが一番わかりやすい目安になると思います。
風邪の場合は熱が徐々に上り、36度後半〜37度代くらいの熱が出ますが、インフルエンザの場合は、いきなり38度以上の高熱が出ます。これが特に風邪との大きな違いです。ですのでインフルエンザか風邪かで迷ったらとにかくまず体温を測りましょう。

②倦怠感(だるさ)はあるかどうか
風邪の場合は少しだるさが出る程度ですが、インフルエンザの場合は、全身がものすごくだるくなります。

③関節痛もしくは筋肉痛があるかどうか
風邪の場合、筋肉痛や関節痛はほとんど出ることがありませんが、インフルエンザの場合は、この片方もしくは両方が現れます。

以上の3つがインフルエンザと風邪との大きな見分け方ですが、他にも初期症状が、風邪の場合は微熱やくしゃみ鼻水に対し、インフルエンザの方は寒気や、頭痛などもでて扁桃腺が腫れることもあります。

【早期発見が早く治すカギ】
上記のような症状を感じたらすぐさま病院へ行きましょう。
現在使用されているインフルエンザの治療薬は、発症から48時間以上経ってから服用すると効果が薄くなると言われています。感染力が一番強いのピークの時期も発症の1日前から発症後2〜3日ですので、なるべく早く発見することが感染拡大を防ぐカギにもなります。

インフルエンザにかかった時の自宅での過ごし方は?

インフルエンザにかかった時点で、通学や出勤が出来なくなります。
数日間自宅で過ごすことになるのですが、自宅ではどんなことをしていればいいのでしょうか?

①加湿器をつける
インフルエンザウイルスは乾燥した空気が大好きです。
加湿器をつけ、室内の湿度を50〜60%程度に保っておくとインフルエンザウイルスの活動が鈍くなます。
加湿器がない場合は、濡らしたタオルを数枚部屋にかけておくなどをすると加湿することができます。
加湿をするとともに一定時間経ったら換気もしましょう。

②十分な水分補給をする
インフルエンザに感染しているときは高熱のために汗をたくさんかきます。
汗をかきっぱなしにして水分補給をしないと、脱水症状に陥ってしまい体の抵抗力も落ちてしまうので、こまめな水分補給が必要です。特に下痢や嘔吐を繰り返したり尿の量が少ない場合は注意が必要です。水で水分を補給してもなかなか体に残らないのでスポーツドリンクや経口補水液などで十分に水分を補給しましょう。赤ちゃんの場合は白湯(さゆ)やお茶、赤ちゃん用イオン水、母乳などをこまめにあげましょう。

③すこしでもいいので食べる
インフルエンザ感染中は食欲がなくなることがあります。
食欲が無い場合には無理に食べる必要はありませんが、できるだけやわらかくて消化にいい、おかゆやうどんやスープなどをすこしでも食べるようにしましょう。食べる事によりウイルスへの抵抗力が上がるので治りが良くなります。

④十分な睡眠をとる
睡眠をとることにより、副交感神経が活発になり免疫力が高くなり治りが圧倒的に良くなります。
寝るときはマスクをして乾燥した空気を取り入れないようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの家族内感染を予防するには?

インフルエンザの感染力は非常に強く、飛沫感染と接触感染の2つの経路で感染します。
飛沫感染とは感染した人の咳やくしゃみなどから放たれたウイルスから感染することで、接触感染とは感染した人の咳やくしゃみ、唾液などがついた手でドアノブやスイッチなどを触りそこにウイルスが付着し、そこから他の人に感染するという感染方法です。感染を予防するにはこれらを徹底的に避けるしかありません。では具体的な方法をご紹介しましょう。

【感染予防のポイント】
①家族全員マスクをつける

マスク
まず飛沫感染を防ぐために家でもマスクをつけましょう。もちろん全員つけて欲しいのですが、特につけて欲しいのは本人です。マスクの特性上、他からのウイルスを予防するというよりも、自分が持っているウイルスを拡散させないという効果の方が高いと言われています。ですので本人がマスクをつけることにより感染率はぐっと下がるはずです。

②部屋を分ける
可能であれば部屋を分けましょう。同じ部屋にいればいるだけ感染率も高くなりますので感染期間中はできるだけ部屋を分かれて生活しましょう。

③うがい手洗いを徹底する
手洗い
外から帰ったときは当たり前ですが、家にいてもうがい手洗いはこまめに行いましょう。
家の中は感染者が触れたドアノブやスイッチなどがあり、無意識のうちにいつの間にか他の家族の手にもウイルスがくっついています。特にご飯を食べる前にはうがい手洗いは徹底しましょう。家にアルコール消毒のスプレーもしくはシートを置いておくと非常に便利です。

④換気&加湿をする
加湿
上記でもお話ししましたが室内の湿度を50〜60%に保つことでウイルスの活動が鈍くなります。これによりのどや鼻の粘膜も保たれ感染率も下がります。あとは換気です。部屋にはウイルスが充満していると考えられます。ですので2時間に1回は換気をしましょう。

⑤モノを使い分ける
接触感染があるため、食器類やトイレや洗面所のタオルなどは使い分けしましょう。

⑥体の抵抗力をつける
野菜
家族の体の抵抗力がさがっているとインフルエンザウイルスに感染しやすくなってしまいます。
ですので食事はできるだけビタミン類豊富な栄養たっぷりの食事をとりましょう。

まとめ

インフルエンザは早い段階での発見が治療や感染縮小のカギになってきます。
無理をしていると逆に人に移ったりして迷惑になってしまうので無理をせず速やかに病院を受診しましょう。
インフルエンザの感染力はとても強いので家族が防ぐことは簡単ではありません。感染した人もしてない人も全員の協力が必要です。みんなで協力してインフルエンザを乗り切りましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【熱中症の原因と症状】吐き気・頭痛の緩和法と対策法をご紹介!

暑い日がガンガン続いていますね。 熱中症なんかになりたくない!いや、もうなってい …

無気力症候群の原因と症状は?うつ病との違いは?治し方は?

なんにもやる気がでない…。興味がわかない…。何もしたくない…。 スポンサードリン …

気になるニキビが顔にできた時の治し方は?原因は?予防するには?

顔にできたニキビ。 目立ってすごく気になりますよね。 女の子ならなおさら…。 そ …

ロタウイルスの予防接種の効果は?赤ちゃんへの副作用は?するべき?

ロタウイルスは、簡単に言うと、胃腸炎を起こすウイルスです。 冬場に流行するイメ …

インフルエンザの時の解熱剤は危険?対処法 大人の場合・感染力は?

インフルエンザが猛威を振るう季節がやってきました! インフルエンザにかかると高熱 …

紫外線アレルギーの原因は?症状は?自分でできる対策は?

紫外線を気にしなければいけない時期がやってきました。 紫外線が一番強く降り注ぐ時 …

りんごでダイエットって本当に効果あるの?方法は?レシピを紹介!

食欲の秋。ついつい食べ過ぎてお腹がポッコリ。ずっとこのままじゃいけないと思いつつ …

ツライ女性の抜け毛の原因は?改善法は?シャンプーのおすすめは?

まだそんな歳じゃないのに髪の毛が抜ける、薄くなっていく…。 これがきっかけで彼氏 …

気になる肩甲骨のこりの原因は?そこから腕のしびれが!?解消法は?

つらい肩こり。 肩のてっぺんなら自分でなんとか押せるけども肩甲骨のこりはなかなか …

ドライアイの症状と治療法は?目薬の選び方は?おすすめのサプリは?

近年、「ドライアイ」を訴える方が増えいます。 現在、報告されているだけでも120 …